【ディズニー黒歴史】夢の国のディズニーが子供の夢を壊した!?|ディズニー都市伝説

スポンサーリンク

ディズニーの創始者である「ウォルト・ディズニー」

彼が生前に語っていた「ディズニーは子供の夢、子供の世界である」というのは有名な言葉だ。

しかし、そんなディズニーが子供の夢を壊したという都市伝説が存在する。

そんな黒歴史とも言える都市伝説が「著作権問題」である。

実はディズニーというのは、非常に著作権に関してうるさい企業なのだ。

例えば、サイトなどでよく取り扱われている「ディズニーの画像」なども基本的にはNGなのである。

「画像」や「グッズ」など、ディズニーに関するあらゆるものには、著作権が存在し、本来は申請しなければ使用してはならないのだ。

あぁ見えて意外とお堅い企業なのが「ディズニー」なのである。

そんな企業方針のせいなのか、とある「子供たちが作成したミッキーの絵」が消されるという事態が発生した。

その絵というのは「小学生が卒業製作としてプールに描いた絵」である。

ある小学校の小学生が、卒業記念としてプールにミッキーの絵を、デカデカと描いてしまったのだ。

それに激怒したディズニーサイドは「著作権侵害である!」と訴え、小学生が時間をかけて作成したミッキーの絵を、塗りつぶさせたという。

あくまでディズニーは「利益を追求する企業」なので、著作権侵害されたら訴えるのは当然と言えば当然だが、そこまでやるかとある意味関心してしまう。

しかし、そういった企業の徹底したあり方が「今のディズニー」を支えているのは間違いない。

例えば、ディズニーランドは末端の従業員にまで「世界感を徹底させている」というのは有名な話だろう。

着ぐるみを着ているパフォーマーはもちろん、清掃員に至るまで徹底的に教育されているのだ。

それどころか、ディズニーランドには「虫やカラスを寄せ付けない」という”仕掛け”まであるというから驚きだ。

それがこちら。

ディズニーランドに虫やカラスがいない驚きの理由とは!?

スポンサーリンク

面白いと思ったら友達に紹介をお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトの更新情報を受け取る

『【ディズニー黒歴史】夢の国のディズニーが子供の夢を壊した!?|ディズニー都市伝説』へのコメント

  1. 名前:Daniela 投稿日:2015/09/04(金) 09:32:05 ID:37ff9b09d 返信

    I apaiecrpte you taking to time to contribute That’s very helpful.