ジブリ映画「猫の恩返し」と「耳をすませば」の意外な関係性とは!?噂の続編疑惑の真相は!?|ジブリ都市伝説

この記事は2分で読めます

ジブリ3

ジブリ映画の中でも、どちらかと言えばゆるふわ系の作品である「猫の恩返し」と「耳をすませば」

原作者はどちらも同じで「柊あおい」という漫画家さんである。

同じ原作者のせいか、作中には共通点が多く見られ、その関係性が話題となっている。

スポンサードリンク

関係性というか、もはやこの2作品には「同じキャラ」が登場しているのだ。

それが「バロン」と「デブ猫」である。

猫に関しては、若干異なる点もあるが、バロンに関しては同じ名前で同じ容姿で登場している。

違う作品で同じ登場キャラというのに、少し違和感を覚えてしまうが、これには理由があるという。

それが「続編疑惑」である。

猫の恩返しは耳をすませばの続編ではないか?と囁かれているのだ。

耳をすませばの主人公だった「月島雫」はご存知だろう。

月島雫が耳をすませばの作中で描いた作品の中にも「バロン」が登場する。

そういった理由から、猫の恩返しは月島雫が書いた物語なのでは?と言われているのだ。

すなわち、猫の恩返しは、小説家になった月島雫の作品で「耳をすませばの続編」だということ。

時系列としても「耳をすませば⇒1995年」「猫の恩返し⇒2002年」と合点がいく。

根っからの耳をすませばファンとしては、こういった形でリバイバルされるのは非常に嬉しい。

そして、もう1つの有力とされる説が「月島雫脳内再生物語」という説。

簡単に言うと、月島雫の「妄想」から生まれた作品ということ。

耳をすませばの作中でもそうだったが、月島雫は時折「異世界」へぶっ飛んでいく。

現実世界と妄想世界がごっちゃになるほどの妄想癖である。

そんな月島雫の妄想を描いた作品ではないか?とまことしやかに囁かれているのだ。

どちらにしても、猫の恩返しと耳をすませばの関係は、思った以上に深いと言えるだろう。

原作者が同じというだけでは、あまりにも共通点が多いだけに、何かしらのミッシングリンクがあるのは間違いなさそうだ。

そうい視点で、もう1度この2作品を見てみると、違った楽しみ方ができそうである。

違った楽しみと言えば、耳をすませばには原作者にとって「不本意」な都市伝説が存在する。

それが、月島雫の恋人でもある「天沢聖司」に関するもの。

あの完璧イケメン枠の青少年に「ある疑惑」が浮上しているのだ。

それがこちら。

作者もビックリの「天沢聖司」の不本意な疑惑とは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ディズニー22
  2. ディズニー4
  3. 20091201_1539826
  4. main
  5. gufi
  6. 魔女
  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2016年 7月19日

    猫の恩返しのDVDの特典映像曰く、
    もともとは、耳をすませばの続編の短編アニメとして
    猫の恩返しは制作される予定であったが、
    監督が作ったシナリオが素晴らしかったため急遽、
    映画になったとか…

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー