【ネタバレ注意】映画 妖怪ウォッチ~誕生の秘密だニャン!~に「くまモン」が登場する!?意外な関係とは!?|都市伝説

この記事は1分で読めます

妖怪6

昨年の年末に公開された「映画 妖怪ウォッチ~誕生の秘密だニャン!~」

公開2日間で興行収入16億円を突破し、東宝史上最高の記録を樹立するなど、アニメ界でも希に見る大ヒット作品となった。

観客動員数は148万人を突破し、今後もさらに伸びると予想される。

映画の内容もしっかりしており、鑑賞した人の95.6%もの人が「満足した」と回答。

一方で、多くの人があるシーンに疑問を抱いたと感じるという。

スポンサードリンク

そのシーンというのが「くまモン登場」の場面である。

「妖怪ウォッチの映画なのになんでくまモン!?」という感想が多く、今回の映画を一言で表すなら「くまモン」という人まで出るまでに。

妖怪ウォッチと言えば「パロディー」と言われるほど、作中には様々なキャラが登場する。

AKB、オバマ、ビリー隊長、秋元康・・・

そのほとんどがパロったキャラクターで、まんま登場させるということは過去にはなかった。

しかし、今回の映画に登場するくまモンは、なんとそのまんまであったという。

それも1度や2度ではなく、随所に登場しているのだ。

これにはビジネス的な意味合いもある。

というのもくまモンは「商用利用OK」で「著作権はタダ」なのだ。

つまり、誰がどんな目的で使用しても構わないということである。

今回くまモンが映画に登場したのは、こういった理由からだと思われる。

ちなみに私の友人は、過去にヤフーオークションで「くまモンを描いたマスク」を販売していた(笑)

しかし、今回のくまモン登場の理由はこれだけではないという噂もある。

実は、妖怪ウォッチを開発したゲーム会社「レベルファイブ」は福岡県に拠点があるのだ。

つまり、くまモンの故郷である「熊本」と同じ九州なのだ。

ある種「村おこし」的な要素も含まれているのである。

ちなみにゲーム内には、くまモンをパロった「ケマモン」というキャラも登場する(笑)

もはややりたい放題である。

しかし、そんなやりたい放題が災いしたのか、妖怪ウォッチには放送禁止となりお蔵入りした「幻の回」があるという。

それがこちら。

放送禁止になった幻の回の動画を公開!!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ディズニー4
  2. ポケモン
  3. 彼岸島
  4. mario
  5. miruki-
  6. ポケモン2
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る