白衣を着た悪魔「死刑囚:吉田純子」の正体とは!?|やりすぎ都市伝説

この記事は2分で読めます

白衣

やりすぎ都市伝説でピース又吉が語った都市伝説。

林真須美、阿部定、福田和子...

過去に凶悪犯罪を犯し、有名になった女性は少なくない。

しかしそんな中、あまり大々的に報道されずに、埋もれていった女性犯罪者も多くいる。

「死刑囚:吉田純子」も、まさにそんな埋もれていった女性犯罪者の1人だろう。

スポンサードリンク

彼女が犯した犯罪というのが「保険金殺人」である。

看護師仲間の3人を「洗脳」して、犯罪に加担させ2人を殺害、計2億円を騙し取ったという、まさに凶悪犯罪者だ。

事件の詳細については、動画があるのでそちらで確認して欲しい。

白衣の悪魔「死刑囚:吉田純子」の所業

最終的には、共犯者の「自首」によって犯罪が明るみになったわけだが、本当に「洗脳」によって犯罪に加担させることは可能なのか?

実はここに、吉田純子という女の恐ろしさがあると又吉は語る。

吉田純子の手口は常に一貫していて、相手を心理的プレッシャーで追い込むという手法である。

ある時は「夫が浮気している」と嘘を付いて、自分以外の人間を信用させないようにしたり、またある時は、実在しない「先生」という人物像をでっちあげ崇拝させたりと、意識して実戦していたかは不明だが、かなり理にかなっているテクニックを駆使していた。

これらのテクニックは一種の「マインドコントロール」であり、効果は絶大だとされている。

それどころか、吉田純子は同性愛者でもあり、3人のうちの1人と強引に肉体関係も結んでいた。

日常的に自分のことを「吉田様」と呼ばせており、自分の立ち位置を確立し、さらに崇拝に拍車をかけたのだ。

ここまでくると、よほどの人格の持ち主でない限り、ほとんど「言いなり」に近い状態になるのだという。

かくして、彼女ら3人は吉田純子の純情な下僕となり、結果的に2人の殺害に加担してしまったのだ。

手にした総額2億円にも及ぶ保険金は、ほとんどが吉田純子の手に渡り、1人だけ豪遊する日々だったとか。

末恐ろしい話だが、現実にこういった事件は度々発生している。

「マインドコントロール」を駆使した事件で最も有名なものと言えば、オウム真理教の「地下鉄サリン事件」だろう。

オウム真理教のような「カルト集団」というのは、集団マインドコントロールで形成されたコミュニティであり、吉田純子の事件とよく似ている。

「尊師」と呼ばれ崇拝されていた教団のトップ「麻原彰晃」もまた、マインドコントロールの天才なのである。

一様にこういった手法を取る輩は、総じて頭が良いと思われがちだが、実は麻原彰晃はそこまで頭は良くない。

頭が良くないというか、はっきり言って「ただの変態」なのだ。

実際に麻原彰晃が残した「伝説?」の数々を見てもらえば、その変態っぷりがよく分かるだろう。

麻原彰晃の奇行の数々がやばい!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tablet_detail
  2. photo185_01
  3. img_0 (1)
  4. ヒカキン
  5. 怖い
  6. ディズニー3
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る