やりすぎコージー都市伝説2010冬、山崎邦正「世の常識を覆す人体の神秘」

この記事は1分で読めます

BSkiOviEmUOxMRg_VDFiF_107

やりすぎコージー都市伝説2010冬、山崎邦正が語った都市伝説「世の常識を覆す人体の神秘」

人は、小さな宇宙と呼ばれるほど神秘に包まれている。

まだまだ多くの謎が人間の体にはあるからだ。

そんな人間の神秘にまつわる都市伝説。

スポンサードリンク

誰でも一度は体験したことがある予防接種。

この予防接種は、一体何を体に打っているのか知っているだろうか。

なんと、この予防接種。

予防したい菌を体に注射しているのだ。

インフルエンザの予防接種であれば、インフルエンザウイルスを注射であえていれている。

当然、熱処理をして毒素を抜いた状態にしているのだが、なぜこんなことをしているのか。

人間の体には、白血球と呼ばれるものが存在する。

この白血球は、病原菌から体を守る役目をしているのだが、白血球というのは非常に優れているのだ。

体に入って来た菌を倒す際、倒し方を記憶しておき、先々、菌がやって来た時に備えているのだという。

実際はもう少し複雑だが、簡略化して話した。

そして、それが所謂、抗体と呼ばれるもの。

こうして人間は、あらゆるウイルスから体を守っているのだ。

そして、多少話がズレるが、人間が昔から悩まされている虫歯。

この虫歯に関しても、ある都市伝説が存在する。

虫歯や歯周病というのは、口内の菌が原因で起こるのだが、この口内に生息する菌というのが、3歳までに決まると言われている。

そして、この口内に生息する菌の種類によって、虫歯になりやすい、なりにくい。

歯周病になりやすい、なりにくい。

というのが、決まるというのだ。

なので、3歳になるまで(あくまでも目安だと思うが)は、大人は子供の唇にキスをしない方が良いのだそう。

事実、ダウンタウンの松本人志は、この話を信じているらしく、唇にキスが出来ないので、頭にキスをし続けた所、子供が少しハゲたのだとか。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. photo_2
  2. meireki
  3. キティ
  4. show_image_v2
  5. ジョンゲイシー
  6. poke
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る