次々と雑誌を休刊や廃刊に追い込んだ伝説の長編漫画「超人ロック」とは!?|アニメ都市伝説

この記事は1分で読めます

tyouzin

過去、休刊や廃刊に追い込まれた雑誌は少なくない。

不人気による打ち切りや、売り上げ低迷がその主な原因であるが、これに関して、ある恐ろしい都市伝説がある。

それが、「超人ロック」という漫画を連載した雑誌は、必ず廃刊や休刊に追い込まれる、というもの。

スポンサードリンク

なんとも不思議な都市伝説であるが、超人ロックを知らないかもしれないので、少し補足しておくと、この漫画は、「永遠を生きる」という超能力を持っているロックという人物を主人公とする、オムニバス形式の漫画である。

オムニバス形式というのは、こち亀のような感じだと思ってくれて良い。

そして、この漫画は、間の休載を含め40年近く(現在も連載中)連載されている、長編漫画である。

で、本題。

この「超人ロック」という漫画は、過去に多数の雑誌で連載されてきた。

その理由が、連載をする雑誌が、その都度、休刊や廃刊に追い込まれてきたからだ。

その回数、なんと休刊六誌、廃刊一誌。

連載をする度に、その連載している雑誌が休刊、または廃刊に追い込まれたのだ。

このことから、ファンの間では、

「超人ロックの本当の超能力は、連載している雑誌を休刊、廃刊に追い込むことだ。」

という都市伝説が蔓延した。

そして、今現在連載しているのが、「コミックフラッパー」という雑誌。

この雑誌では、2007年から連載が開始されているので、約7年間連載が続いているのだが、7年間というのは、「超人ロック」連載史において、今までの雑誌連載年数の最長である。

この都市伝説が真実なら、「コミックフラッパー」もいずれは、休刊か廃刊に追い込まれる可能性があるが…一体どうなるのやら。

こういった風に、作者の意図とは別に、ある種、不名誉な都市伝説が語られるようになることは多々ある。

例えば、週刊ジャンプで過去に連載され、大人気を博したある漫画は、嫌韓ブームにより、作者の思惑とは別に、嫌韓ブームの一旦を担ってしまったのだ。

その漫画というのが、こちら。

あの大ヒット漫画は嫌韓読者に火を付けた!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ディズニー5
  2. トナカイ
  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. Esses casos reais, enchem nosso espírito de alegria e crença no Amor independente de qualquer convenção social. Certas regras são ranços caducos de séculos obscuros ante a força dos sentimentos entre duas pessoas.Linda participação, Roaol©is.Parabéns!BjÃs às duas,Calu

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る