スポンサードリンク

鉄道のホームには、自殺防止用にあるモノが設置されている!?|やりすぎコージー都市伝説

この記事は2分で読めます

tetudou

やりすぎコージー都市伝説、東MAXが語った都市伝説「乗客を操る鉄道会社の魔法」

日本の鉄道と言えば、世界で最もダイヤル通りに動くと言われるほど時間に正確である。

その鉄道において、ある都市伝説が語られているのだ。

スポンサードリンク

鉄道を頻繁に利用する人なら、誰もが一度は聞いたことがあるフレーズ。

「線路内に人が侵入しまして、遅延しております」

このフレーズ。

実は、その言葉通りのことを意味しているのではなく、ある出来事の隠語だというのだ。

それが、痴漢。

上記フレーズは、痴漢事件などの容疑者を、補導したり逮捕したりするのに時間が掛かり、時間通りに運行が出来ない際の隠語として、実は使われていると言われている。

さすがに、痴漢事件が発生したからといって、

「痴漢が発生して、容疑者確保に時間が掛かっています」

とは言えないのだろう。

そして、鉄道会社には、別の裏話がある。

それが、ホームの端に設置されているLEDライト。

実は鉄道では、ホームの端にLEDライトを設置している所が増えているそう。

その表向きの理由は、安全対策のため。

その場所が、ホームの端である、という目印のために設置されている。

しかし、その理由は、それだけではないのだ。

もう一つの理由があり、それが、自殺防止。

ホーム内に設置されているLEDライトは、青色が採用されているのだが、この青色に意味があるのだ。

ホーム内で飛び込み自殺をする人は多くの場合、ホームの端から飛び降りると言われている。

そして、青色というのは心を落ち着かせる作用があると言われており、そのために、青色のLEDライトをホーム端に設置しているのだとか。

更に、この青色LEDというのは、犯罪防止にも活用されていて、犯罪が頻繁に起こる場所に、青色LEDを設置すると、犯罪が激減したという実際の例が多数ある。

そして、鉄道にはまた別の都市伝説がある。

それが、幻の路線。

日本の首都東京には、山手線と呼ばれる地下鉄が走っている。

しかしこの山手線に、実はもう一つの路線を作る、という計画があったのだ。

眉唾な計画ではなく、実際に着工寸前まで言った計画であり、実際にその路線を作るための工事跡もある。

しかし、この計画が実行されることはなかった。

それには、ある恐るべき理由があるのだ。

その恐るべき理由と言うのが…

幻の路線、第二山手線がとん挫した理由とは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 20110504_1926652
  2. 218
  3. ポケモン2
  4. 20110613_nikita_24
  5. yarisugi11
  6. toneru
  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 名無し
    • 2016年 12月26日

    山手線は地下鉄じゃない…

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る