タクシーが絶対通れない足立区のトンネル、その恐るべき理由とは!?|やりすぎコージー都市伝説

この記事は2分で読めます

toneru

やりすぎコージー都市伝説で語られた都市伝説「タクシーが絶対に通れないトンネル」

日本にはかなりの数のタクシーがある。

都内ともなればその数は物凄いことになるのだが、そのタクシーに、こんな恐るべき都市伝説があるのだ。

スポンサードリンク

タクシー運転手と言えば、色んな道を知っている、その道のプロも多い。

当然、色んな道を知り、近道や裏道も多数知っている。

しかし、そんなタクシー運転手でも、絶対に通らないトンネルがあるというのだ。

それが、東京都内、足立区にあるトンネル。

具体的な場所については番組内では語られていないのだが、近くにお住いの方なら分かるのではないだろうか。

その表向きの理由は、トンネル内の高さ。

タクシー上部には、一般の車にはない、提灯と呼ばれるものがついている。

空車であったり、乗車中であることを知らせるこの提灯部分が、トンネル内の高さに合わず擦ってしまう。

それが表向きの理由である。

しかし、実際には、それが理由ではないというのだ。

というのも、そんな理由であれば、提灯の高さを調整すれば、問題がないらしい。

では、なぜそのトンネルを通らないのか。

その理由が、タクシーにまつわる不可解な事件が原因なのだとか。

過去、そのトンネルを利用したタクシーは、客からの相次ぐクレームや、トンネル内での強盗事件などが相次いだのだそう。

そして、極めつけは、タクシーの失踪事件。

これはニュースにならなかったそうなのだが、そのトンネルを利用したタクシーが行方不明になり、そのまま見つからなかったというのだ。

そういった事件もあり、タクシー業界では、そのトンネルを使わないようにしよう、という話が上がったらしい。

そして、あえて意図的に提灯を下げないことで、そういった経緯を知らない運転手にも、そのトンネルを利用しないようにさせる思惑があるのだそうだ。

ちなみに、タクシーには、他にも都市伝説がある。

それが、タクシー運転手の対応に関すること。

日本のタクシー運転手は、世界と比べて、対応の良さが素晴らしいと言われているが、あるフレーズには、それ以上の思惑があると言われている。

そのフレーズというのが、

「お忘れ物はありませんか?」

というフレーズ。

なんてことはないこのフレーズには、実は私たちが思っているのとは全く違う、恐ろしい理由があるのだ。

その理由というのが…

タクシー運転手が「忘れ物がないか」執拗に聞く恐ろしい理由とは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. saran
  2. in_1306_impulse_photo2_l
  3. やりすぎ12
  4. tablet_detail
  5. ORG_20110707000903
  6. 17
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る