スポンサードリンク

やりすぎコージー都市伝説2010冬、水道橋博士「カシム・ザ・ドリーム」

この記事は2分で読めます

4_1

やりすぎコージー都市伝説2010冬、水道橋博士が語った都市伝説「ロッキーを超える伝説のボクサー」

ロッキーと言えば、世界的に大ヒットした映画。

しかし、あくまでもそれは映画でしかないのだが、なんと、現実世界に、そのロッキーを超えるような壮絶な人生を歩んだ、伝説のボクサーが存在した。

スポンサードリンク

ボクシング映画と言われれば、ほとんどの人がロッキーを思い出すと思うが、他にも多く存在する。

その中でも、水道橋博士が特にオススメしたいと言っていたのが、「カシム・ザ・ドリーム」という映画。

ロッキーを超えるって、なんだよ映画かよ!

と思ったかもしれないが、この映画。

あくまでも実話を元にしたドキュメンタリーなのだ。

そして、この映画は、日本では未公開なのだそう。

しかし、世界的には有名らしく、色んな賞を受賞している作品なのだとか。

そんな「カシム・ザ・ドリーム」。

一体どんな映画なのか。

まず、主人公の名前が映画のタイトルにもなっている「カシム」である。

そして、彼の出身地はウガンダ。

ウガンダと言えば、未だに政権が安定せず、長い間紛争が続いている国だ。

そんな国で生まれ育ったカシム。

その生い立ちは想像を絶するものだった。

カシムは小学生の頃、反政府の武装ゲリラにクラスごと拉致されてしまう。

そして彼は、少年兵として養成されるため、友達同士での殺し合いを命じられる。

彼はそこで、初めて人を殺める。

もし、やらなければ、武装ゲリラのメンバーに自分が殺されてしまうからだ。

そして、彼は少年兵として数年の間、ゲリラ部隊に参加していた。

その後、反政府ゲリラが政権を取る。

カシムは、正規部隊の一員に。

そこで彼の人生を大きく左右するボクシングに出会う。

その後、メキメキと当確を表し、15歳の時、ウガンダのアマチュアチャンピオンになる。

そして、18歳の時に、アメリカ遠征をし、この時、カシムはアメリカに亡命をしたのだ。

しかし、これで終わりではなかった。

彼はあくまでも脱走兵であり、ウガンダからすれば、犯罪者であり、脱走兵は死刑。

実際、亡命をした際、ウガンダに住む彼の父親は、見せしめに惨殺されている。

そんな彼に残された道は一つしかなかった。

それが、世界チャンピオン。

ボクシングで世界チャンピオンになれば、大統領から恩赦を受けることが出来、死刑を回避することが出来るのだ。

彼は、世界チャンピオンになるか死ぬかしかなかった。

そんなプレッシャーの中、彼はスーパーウェルター級の世界チャンピオンになった。

そして、恩赦を受け、ウガンダに一時帰国。

死刑から一転して、彼はウガンダの国民的スーパースターになったのだ。

しかし、彼は凄惨な少年時代を過ごしたせいで、感情がほとんどなかった。

当時の反ゲリラ組織に洗脳されていたからだ。

そんな彼だったが、父親の墓の前に立った時、号泣した。

人間としての感情を取り戻したのだ。

そして、彼には、また新たな挑戦が待っている。

アフリカ人ボクサーではまだ誰も達成していない、2階級制覇。

スーパーウェルター級の次に、ミドル級でチャンピオンを目指すというのだ。

が、ミドル級で彼は、あっけなく負けてしまう。

そして、ここで映画が終了する。

一応、ここまでが映画の内容だが、実はカシムについては、話の続きがある。

彼がミドル級に転身した理由は、何も2階級制覇だけではなかった。

映画の中で度々出てくる話なのだが、彼は、マリファナを吸っていた。

そうでもしないと、人生をやっていけないからだ。

ある意味で、自分の悪しき過去の記憶から逃れるため、薬物依存の状態なのだとか。

そして、マリファナを吸うと、お腹が減ってしまうので、体重をキープ出来ない。

だから、ミドル級に転身したのだそう。

で、映画の中では、試合に負けてしまうのだが、2010年9月。

カシムは、晴れてミドル級のチャンピオンになった。

歴史的快挙を成し遂げたのだ。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 996sEY4BGM5bEzP_Qyd8Q_134
  2. peo1102011638000-p1
  3. さつじん
  4. ルパン
  5. h-560x600
  6. 指輪2
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る