凶悪犯罪者に出す怖すぎる心理テスト「ビルで目撃した殺人事件」|やりすぎコージー都市伝説

この記事は2分で読めます

yarisugi11

やりすぎコージー都市伝説、島田秀平が語った怖い都市伝説「凶悪犯罪者に出す心理テスト~ビルで目撃した殺人事件~」

殺人を犯す異常犯罪者というのは、一般人とは違う価値観を持っていることが多いというが、その価値観を知るための心理テストがある、という都市伝説を知っているだろうか。

スポンサードリンク

もし、自分が異常犯罪者の可能性があるかどうかを知りたい場合は、今から出す心理テストに、素直な気持ちで取り組んでみて欲しい。

あなたは今、ビルの10階の自宅の部屋にいる。

すると、外から、「ギャー」という悲鳴が聞こえて来た。

ビックリしたあなたは、すぐさまベランダに出る。

すると、ビルの下で、一人の人間が、ナイフの様な物で、人を刺していた。

その光景を見てしまったあなたは、驚いたが、次の瞬間。

その人間が振り向いて、こちらを見た。

そして、その人間と、思いっきり目が合ってしまった。

すると、その犯人の人間が、こちらに指を指した状態で、口を動かしている。

この犯人は、一体何をしているのでしょうか?

さて、この心理テスト。

あなたは、どういった回答が浮かんだだろうか。

人によって多少の差はあるとは思うが、恐らくは、

「お前も殺してやるから、待ってろよ!」

「お前、見たな!」

と言った類の答えになったと思う。

しかし、異常犯罪者や凶悪犯罪者の答えは違うというのだ。

彼らの答え、それは、

「指を指しながら、自分と目があった人間が何階にいるか数えている」

というもの。

これだけを聞いたら良く分からないかもしれないが、彼らは、目が合った人間に対して、「見たな!」とか、「殺すぞ!」など、そういった類の言葉は掛けないというのだ。

なぜなら…そんなことは彼らにとっては当たり前だからだ。

そうではなく、目が合った瞬間、既にその人間を殺すことは決まっており、それを実行するために、必要な情報を揃えることにリソースを割く。

だから、何かを言っているのではなく、何階に、殺す目標がいるかを確認しているのだ。

ちなみに、この異常犯罪者かどうかを調べる心理テストは、もう一つある。

そちらの内容もなかなか衝撃的だ。

普通の人間では、まず思いつかない、恐ろしい答えが飛び出す…。

その内容がこちら。

異常犯罪者の出す答えが恐ろしすぎる!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. AKB1
  2. 02 (1)
  3. ディズニー16
  4. 20110613_nikita_24
  5. 人工
  6. 怖い
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー