スポンサードリンク

関暁夫が語る「プレイステーションVRの恐怖」とは!?│やりすぎ都市伝説2016冬

この記事は3分で読めます

%ef%bd%90%ef%bd%93

2016年冬に放送された「やりすぎ都市伝説SP」で関暁夫が語った都市伝説

2016年10月に発売され、即完売した大ヒット家庭用ゲーム機「プレイシュテーションVR」。

いつかこんなゲーム機が登場するのでは?と漠然と人々は想像していたが、実際にその瞬間が2016年10月に訪れたわけだ。

VRとは「バーチャルリアリティー」という意味で、文字通りバーチャル空間を擬似体験することができるのが、今回発売されたPS.VRである。

ゲーム内の1人としてプレイする感覚を得る為に作られたゲーム機であり、ゲームという概念そのものをぶち壊すハイテクノロジーっぷりだ。

この歴史的な瞬間を目の当たりにし、初めて携帯電話を手にしたように、多くの人は驚き歓喜しただろう。

ところが、この科学技術の発展は、手放しで喜べるものではないと関は語った。

スポンサードリンク

これまでにも関は「人工知能の発展によって我々人類は大きな変化を遂げる」と、何度も語ってきた。

そして、その最たる例というのが「PS.VR」なのだ。

今後、更に科学が進歩すると、多くの人間は「バーチャル空間に依存」する人生を歩むことになるという。

現実世界に存在する、友人関係や恋人関係などの悩み、仕事のストレス、好きになれない自分の容姿、こういった多くの人が抱える「負の感情」が、バーチャル空間では一切不要になるのだ。

昨今のゲームでよくみかける「アバター設定」というシステムはご存知だろうか。

主人公の顔や形などを、自らの好きなようにデザインできる、というのがこのシステムの特徴で、もし仮に、これが本当に可能であれば、仮想空間におけるあなたは、誰もが羨む「美男・美女」となるだろう。

「それはあくまで、バーチャル空間に限った話だろ?」と思うかもしれないが、現実世界とバーチャル空間の違いとは一体なんなのか。

はっきり言えば、現実世界とバーチャル空間には違いなど存在しない。

我々人間は、五感と呼ばれる「視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚」によって、この世界を感じている。

ものを見て、音を聴いて、匂いを嗅いで、ものに触って、味を感じる。

それら全てはある1つの部位によって得られる感覚なのだ。

その部位というのが、ご存知「脳」である。

全ての感覚は、脳によって操作されており、脳が「美味しい」と信号を出せば、仮に何も口に入れていなかったとしても、美味しいと感じるのだ。

現在の技術で、ここまでのものを作ることはできないが、そう遠くない未来に創造されても、なんら不思議なことはない。

現に、生まれつき耳の聞こえない少年の脳に、ある装置を取り付けたところ、母親の呼ぶ声に反応し、言葉を発したという例がある。

私たちの知らないところで、科学はここまで発展しているのだ。

今後、更に科学技術が発展すれば、もはや「肉体」など不必要な時代がくることが予想される。

なぜなら、先ほども言ったように、全ての感覚は脳で処理されるため、肉体の有無というのはほとんど意味を成さないからである。

そして、これは何も夢物語の話ではなく、普通に起こり得ることだと関は語った。

現在の人類の大きな課題の1つでもあるのが、爆発的に増え続ける「人口」の問題だ。

他の生物と違い、我々人類には「知恵」というものが備わっているため、過酷な環境の変化にも対応できたのだ。

それゆえに、人類は増えすぎたのである。

だからと言って、意図的に人口を減らす、つまりは大量虐殺のような行為を、今の社会が容認するはずもない。

そこで考えられるのが「バーチャル空間への移住」である。

現代社会に不満を持つものや、今の人生に疲れている人などは、現実世界よりもバーチャルの世界の方が幸せだと感じるだろう。

そういった人々を、積極的にバーチャル空間へと誘導し、お互いにとって良い形で、現実世界から抹殺することができるのだ。

さっきも言及したが、現実世界とバーチャル世界に違いなどない。

それどころか、現実世界など息苦しいだけだ。

毎日自分の顔を鏡で見ながらため息を付き、したくもない仕事をこなし、最後には死という恐怖に直面する。

そんな人生を歩むぐらいなら、バーチャルの世界で、何不自由なく生活したほうが、よっぽど精神的には楽である。

あまりにも現実離れしており、見る人が見れば神をも冒涜するような行為に感じるかもしれないが、そういった選択肢があっても良いのかもしれない。

そもそも、どちらの世界が現実で、どちらの世界がまやかしかなど、実際のところは分からない。

今見えているものや人は、脳が勝手に認識しているだけで、本当にそこに存在するかなど、誰にも分からないのだから。

100年後、200年後。

世界がどう変化しているかは、全く見当も付かないが、もしかしたら、世界から人々は消えているのかも知れない。

 

【やりすぎ都市伝説2016冬】記事一覧

⇒もうすぐ人工知能と人間が融合する!?

⇒地球温暖化が及ぼした動物の異常事態!

⇒ポケモンGOの誕生秘話が恐ろしいwww

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. %e3%81%9b%e3%81%8d%ef%bc%92
  2. sekiaki
  3. hokkyoku
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー