「都市伝説」スコットランド独立騒動の陰に秘密結社フリーメイソンの存在?

この記事は1分で読めます

BN-EM539_140911_G_20140911061653

2014年、世界を驚かせたスコットランド独立騒動。

結果として、国民投票で否決になり、スコットランド独立は幻に終わったが、その投票結果は、僅差だった。

そして、そんな騒動の裏に、ある組織の存在が見え隠れすると言われているのだ。

それが、秘密結社フリーメイソン。

スポンサードリンク

世界情勢が大きく変わる所にフリーメイソンありと言われるほど、日本でも定着してきたフリーメイソンの存在。

今回のスコットランド独立騒動も例外ではなく、フリーメイソンの存在を指摘する、都市伝説が囁かれている。

しかし、ここで少し不思議なことが。

今回のスコットランド独立。

確かにフリーメイソンが関連しているのでは、という噂はあちことで言われているのだが、スコットランド独立とフリーメイソンの具体的な関係性については、何も語られていないのだ。

では、なぜ囁かれるようになったのか。

これについては、フリーメイソンの発祥が関係しているのだと思われる。

フリーメイソンの発祥地とされている中の有力な説の1つとされているのが、スコットランド。

そう、今回独立騒動が起こった場所。

実際には諸説ある内の1つでしかないのだが、スコットランドには、フリーメイソン最古のロッジがあったと言われており、フリーメイソンを語る上では、外せない地域であることは間違いないのだ。

更に、フリーメイソンと”独立”には、歴史上、深い関わりがある。

歴史的な独立運動として知られている、フランス革命。

そして、今や世界最大の国アメリカの建国。

これらには、フリーメイソンが大きく関わっていると言われている。

直接的に手を下したかどうかは不明だが、彼らの思想がこれら独立に与えた影響は、大きいのだとか。

そして、今回のスコットランド独立騒動。

過去の独立運動とは違い、仮に独立を果たせば、歴史に残る、無血国家の誕生であった。

しかしそれが叶わなかったスコットランド。

本当にフリーメイソンは関わっていたのか。

もし、関わっていたのだとすれば、独立を推進していたのか。

それとも、非独立を推進していたのか。

真相は闇の中だ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. nobel
  2. 人工
  3. 7757_5
  4. maxresdefault
  5. Republican presidential candidate Trump gestures and declares "You're fired!" at a rally in Manchester
  6. いすらむ1
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る