サランラップの誕生秘話とは!?第二次世界大戦中に使われていた!?|やりすぎコージー都市伝説

この記事は2分で読めます

saran

やりすぎコージー都市伝説、アンジャッシュ渡部が語った都市伝説「サランラップの名前の由来」

今や、キッチン用品として、どこの家庭にも、一つや二つはあるサランラップ。

しかし、この商品、元々は、全く別の用途で使われていたことを知っているだろうか。

スポンサードリンク

その用途というのが、第二次世界大戦中のこと。

世界史の歴史は、ほぼ戦争の歴史とも言えるのだが、その過程で、常に戦争中の兵士を悩ませていたことがあった。

それが、水虫だ。

兵士というのは、真夏でも、重層な装備をしていている上、着込んでいることが多い。

それは足元も同じで、まさか、戦場にサンダルで出向くわけにはいかないだろう。

なので、兵士たちは、足が蒸れ、水虫に悩まされることが多かったというのだ。

そして、そのために開発されたのが、サランラップである。

どう使うのかと言うと、サランラップを、靴の中敷きに敷くのだ。

そうすることで、外から入ってくる水分を阻止することが出来る。

当然、兵士の間で流行ったのだが、終戦が来て、需要がパタッとなくなる。

そんなある日。

そのサランラップを開発した科学者の一人が、家族とピクニックに行った。

その時、奥さんが出したレタス。

なんと、そのレタスにサランラップを使っていたのだ。

水分を逃さないという性質、薄くて衛生的な素材。

そういったことから、水分を失いたくない食品に活用していた。

それを見た科学者は、これだ!と。

そこで、売り出したところ、瞬く間に大ヒット。

さて。

では、名前の由来はなんなのか。

サランラップのラップは、ラッピングする、という意味のラップである。

そして、その前のサラン。

このサランというのは、科学者の奥さん二人の名前が、サランとアンだったことから、サランと付けられた。

こんな風に、ひょんなことから誕生するというのは、よくあることだ。

例えば、芸人のネタ。

今現在、大人気の芸人に、エレキテル連合がいるが、彼女たちがブレイクするきっかけとなったのが

「ダメよ~ダメダメ」

というフレーズで繰り広げられるネタである。

実はあのネタ。

ある偶然の出来事がきっかけで誕生したのだ。

そのきっかけというのが…

エレキテル連合大ヒットのネタにはネタ元がある!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tetudou
  2. ディズニー8
  3. IMG_1383_R
  4. l_01
  5. サザエ
  6. さいばん
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る