スポンサードリンク

お酒を飲む前の牛乳は効果があるのか!?二日酔いや悪酔いを抑える最善の方法を紹介!!|都市伝説

この記事は2分で読めます

牛乳

お酒好きには堪らない「飲み会」

日頃の鬱憤を晴らすかのように、ドンチャン騒ぎをする人も珍しくない。

一方で、飲みすぎによる体調不良や二日酔いなど、リスクが付き物なのがお酒である。

最近では「飲む前にウコン」が定番になりつつあるが、一昔前は「飲む前に牛乳」がセオリーであった。

よく言われているのが「胃に膜を張って、アルコールの吸収を抑える」というもの。

しかし、実はこの定説は全くのデタラメだと、ある医師は語る。

スポンサードリンク

「牛乳が悪酔い防止に効くというのは、胃腸に張られた膜がアルコール成分をブロックすることで体内への吸収を抑え、アルコールを排出しやすくする――というニュアンスだと思いますが、これはあり得ません。アルコールというのはもともと、非常に体内で吸収されやすい化学物質ですから。それに、もし牛乳にそのような効果があるとしたら、(アルコール分のみならず)栄養分までブロックしてもおかしくありません。子どもの頃、給食の時に牛乳が出されたと思いますが、牛乳に成分をブロックする働きがあるなら、栄養失調になる恐れだってあり得ます」

簡単に説明すると、アルコールというのは非常に体内に吸収されやすい成分であり、牛乳程度でカバーするのは不可能、というわけである。

とはいえ、牛乳には胃を保護する作用がないというわけではない。

空腹時などに鎮痛剤を飲む場合などは、牛乳と併用すると胃が荒れるのを抑えてくれる効果があるのだ。

ただし、それはあくまで鎮痛剤などの「体内に吸収されにくい成分」に限った話であり、アルコールには何の効果も期待できないという。

では、二日酔いや悪酔いを抑える最善の方法はなんなのか?

その医師が言うには「自制心」だとのこと。

つまり、飲みすぎないようにするということだ(笑)

どれぐらい飲んだら体調を崩すのかを理解しておいて、それ以上は飲まないようにするのが、1番の対策なのだ。

上司との付き合いで、どうしても飲まないといけない・・・といった状況があったとしても、飲めないものは飲めないときっぱり断ればいい。

飲酒を強要するのは「アルハラ(アルコールハラスメント)」という、れっきと犯罪なのだ。

過去にアルハラで訴えられた人が、賠償金として50万近いお金を払わされたという事例もある。

無理に飲む必要はないし、無理に飲ますのは犯罪なのだ。

よく覚えておいてもらいたい。

お酒なんてのは適度に飲んで、とにかく楽しむのが何より大事。

ちなみに私は、缶ビール1本で、ぶっ倒れたことがある程の下戸である(笑)

こんな私だが、お酒の場は嫌いではない。むしろ好きな部類だ。

なので、飲める範囲でチビチビやっている。

だって、それぐらいの方が楽しいじゃない(笑)

男子諸君は、女子に無理やり飲ませて、一夜限りの・・・なんて下らない妄想はやめて、無理させないように紳士に接するべし。

それが男ってもんだろう!

女子諸君は、お酒の場でのテクニックを駆使して、好きな男子をメロメロにさせよう。

詳しくはこちらで。

飲み会で意中の相手を落とす究極のテクニックとは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. bikkuri
  2. サザエ
  3. zidou
  4. LIG_h_uwaginuidesuzusi-500-thumb-636x500-3350
  5. 結婚式
  6. imge1f0edd9zik1zj
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る