実在した史上最大の巨大魚「リードシクティス」とは!?|未確認生物都市伝説

この記事は2分で読めます

巨大

実在している魚類の中で、現在最も大きいと言われているのが「ジンベエザメ」である。

体長は平均で7.6m、大きい個体だと11mにまで登る、紛れもない巨大生物だ。

しかし、過去にはこれを遥かに上回る巨大魚が、この地球に生息していたと言われている。

スポンサードリンク

それが「リードシクティス」という巨大魚である。

今からおよそ1億5500万年前の「中世代ジュラ紀後期」に生息していたとされており、史上最大の魚類であるという説が有力とされている。

1889年にイギリスで「尾びれ」「頭蓋の一部」「助骨」などが発見されているが、全て断片的な物でしかなく、正確な姿形は分かっていないという。

1x1.trans 実在した史上最大の巨大魚「リードシクティス」とは!?|未確認生物都市伝説

上記の画像のような姿をしていたと推測されている。

ちなみに左下のシルエットは人間である。

これだけでも、いかに巨大だったかがよく分かるだろう。

体長はおよそ21m(推定)とされており、地球上で最大の大きさを誇る「シロナガスクジラ(哺乳類)」にも匹敵する大きさだと言われていた。

しかし、2013年に発見された化石によって「最大でも16mほど」であると訂正された。

とはいえ、16mでも充分すぎるほどデカイ。

地球上で最大の魚類である「ジンベエザメ」の11mを遥かに上回る大きさである。

獰猛な肉食のようなイカツイ見た目とは違い、性格はかなり温厚で、プランクトンなどを主食としていたと考えられている。

ここら辺は、クジラなどと似ている。

一方で、温和な性格がアダ?となり獰猛な肉食動物に襲われていたとされている。

見つかった化石からも、他の大型の捕食者の歯型が多数発見されているため、かなり過酷な環境で暮らしていたことが想像できる。

かなりの巨大生物ではあったが、知能という点ではあまり優れていなかった。

そのため、捕食者への対抗手段を持たなかったと考えられている。

絶対に遭遇はしたくないが、なんとも可愛らしい生き物である。

現在は絶滅したと考えられているため、一生お目にかかることはないだろう。

しかしながら、絶滅されたとされておきながら、一方で実在するのでは?と言われている生物も数多く存在する。

有名なのが「メガロドン」である。

メガロドンというのは、端的に言えば「サメの超デカイ奴」だ。

大きさもさることながら、その気性の荒い性格がやばい。

とにかく巨大で凶暴で獰猛で、手がつけられないほどである。

そんなメガロドンが、現在も地球のどこかに生息しているというから恐ろしい。

目撃情報も後を絶たず、もはや実在する可能性の方が高いのだ。

興味があれば、こちらからどうぞ。

未確認生物「メガロドン」は実在する!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. いぬ
  2. スマホ1
  3. 02
  4. 20120210_takahashi_29
  5. エレ
  6. tetudou
  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ザ・面接
    • 2015年 8月26日

    ザ・面接

    • ザ・面接
    • 2015年 8月26日

    ザ・面接

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー