「都市伝説」ジブリ天空の城ラピュタには幻のエンディングがあった?

この記事は2分で読めます

C5B7B6F5A4CEBEEBA5E9A5D4A5E5A5BFA1A1

コアなファンも多い作品である「天空の城ラピュタ」。

最近だと、
テレビで放映される度に、映画のシーンと同じタイミングで、
ツイッター上で「バルス」とツイートするユーザーが激増し、

ツイッター側から、

「頼むよ~もう、バルスとかされちゃうと、サーバーがダウンするんだよ~」

と苦情が出たほど。

スポンサードリンク

それだけ影響力のある作品なのだ。

そして、知らない人も多いと思うが、実はこの作品。

ジブリ映画初のオリジナル作品だった。

つまり、映画のために書き下ろされた作品なのだ。

そしてジブリ作品宜しく、
この作品にも都市伝説が存在する。

その都市伝説というのが、
幻のエンディングの存在だ。

少しだけあらすじに触れると、

昔、世界を支配するほどの軍事力を誇っていた天空の城、ラピュタが存在した。

そのラピュタは滅んでしまったが、
ラピュタの末裔には生き残りがいて、
その一人であるムスカという男が、再びラピュタを復活させようと企む。

それを阻むため、
王位を継承していたシータという少女と、
ひょんなことから出会ったパズーがラピュタ再建のカギを握る
「石」を守るために奮闘する。

本作でのエンディングがどうだったかというと、
「バルス」と二人で叫んだ後、ラピュタは天高く昇って行き、
目的を果たしたパズーとシータは、別れを告げる。となっている。

一方で、都市伝説とされている幻のエンディングというのは、最後、

「パズーがシータの故郷に行き、二人で握手をして別れる」

と言われている。

では、なぜこんな都市伝説が囁かれるようになったのかというと、
過去に一度だけ放映されたテレビ向けの「静止画エンディングロール」にある。

そのエンディングロールの中に、
「パズーが飛行機に乗ってシータの家に遊びに行く」
というイメージ画像が含まれていたというのだ。

これは、当時のテレビ側の事情で、
CMを挟んで2時間きっちりに終わらなければならないというルールに沿うため、
テレビ局側で「静止画エンディングロール」を作成したからと言われている。

こういったことから、
この幻のエンディングが噂されるようになった。

ただし、この都市伝説。

どうやら信憑性はあまりないらしい。

というのも、
これを検証するため、
実際にその放送された映像を確認したという人が、
そういう類の映像はなかったというのだ。

僕自身、この目で見て検証した訳ではないので、
確信は持てないんですが、もし詳細を知っている人がいれば、
下記コメント欄にでも残して頂ければなと思います。

 

ジブリの都市伝説一覧はこちら

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アリエッティ
  2. 2013100805
  3. 20091201_1539826
  4. カオナシ
  5. ponyo37
  6. 10489250
    • 飛行機乗り
    • 2015年 7月9日

    アニメージュ文庫からでている小説 天空の城ラピュタにはエピローグとして、パズーの家にあった作り掛けの飛行機にエンジンを載せてシータの住む谷まで飛んでいくシーンがあって改めてパズーのカッコ良さに感動します!

  1. Created the greatest arsleict, you have.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る