スポンサードリンク

ポケモンギラティナ、もどりのどうぐつ、なぞのばしょに語られる恐ろしい噂とは!?|ポケモン都市伝説

この記事は2分で読めます

ポケモン16

ポケモンには数々の都市伝説が存在する。

時には面白い噂話や、時には開発者の遊び心だったり。

その種類や内容は様々である。

そんな中でも特に多いのが「怖い都市伝説」だ。

今回はそんな数ある怖い都市伝説の中から、1つ紹介しようと思う。

スポンサードリンク

「うみや かわで つかまえた ポケモンを たべたあとの ホネを きれいに きれいにして ていねいに みずのなかへ おくる
そうすると ポケモンは ふたたび にくたいを つけて このせかいに もどってくるのだ」

この文章が一体なんなのか分かるだろうか?

これは「ミオシティ」の図書館の中にある書籍に記されている内容である。

分かりやすいように、平仮名を漢字に変換してもう1度この文章を記す。

『海や川で捕まえたポケモンを食べた後の骨を、綺麗に綺麗にして、丁寧に水の中へ送る。そうすると、ポケモンは再び肉体を付けて戻ってくるのだ。』

なんとも恐ろしい文章だが、一体これはなにを意味しているのか?

ここでは、1番有力とされている都市伝説を紹介する。

それが「もどりのどうくつ」に生息する「ギラティナ」というモンスターだという説である。

もどりのどうくつの入口の前には”池”があり、そこに掛かっている橋が、ポケモンの骨を流す場所なのではないかというのだ。

もどりのどうくつには前述した「ギラティナ」というモンスターが存在しており、ギラティナの図鑑には「反転世界に住む唯一のポケモン」だと記されている。

1x1.trans ポケモンギラティナ、もどりのどうぐつ、なぞのばしょに語られる恐ろしい噂とは!?|ポケモン都市伝説

この反転世界というのは、普通に解釈すれば「あの世」である可能性が高い。

さらに、その特異な風貌により「骨に肉体を付けているポケモン」だと噂されているのだ。

つまり、もどりのどうくつというのは「あの世とこの世を繋ぐ場所」であり、もどりのどうくつとしか繋がっていない「なぞのばしょ」というのがあの世なのではないかと推測されている。

しかも、この「なぞのばしょ」は進み続けると動けなくなるという。

ということは、なぞのばしょを進み続けると主人公は、あの世へ逝ってしまったということ。

改めて考えると、末恐ろしい話である。

ちなみに、この書籍が置かれている「ミオシティ」の図書館には、様々な書籍が存在しており、恐ろしい内容が書かれたものも少なくない。

例えば、こちらの文章。

・そのポケモンのめをみたもの
いっしゅんにして 記憶がなくなり
かえることができなくなる

・そのポケモンにふれたもの
みっかにして かんじょう がなくなる

・そのポケモンにきずをつけたもの
なのかにしてうごけなくなり
なにもできなくなる

これも「ミオシティ」にある図書館の書籍の内容である。

ちなみに、この文章はある3匹の可愛らしいモンスターについての内容だ。

その可愛らしい3匹のポケモンというのがこちらである。

記憶、感情、意識を奪う恐ろしいポケモンの正体とは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ziba
  2. 18945008
  3. 498491l
  4. ボットン
  5. いぬ
  6. gufi
  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ナナシ
    • 2016年 4月5日

    いや、普通に解釈したら『反転世界=あの世』にはならんでしょ
    普通に解釈したら『反転世界=鏡の中の世界』だと思う

    • 匿名
    • 2016年 5月30日

    骨を~はアイヌでしょう

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る