大ヒット漫画デスノートは水木しげるの作品が元になっていた!?|都市伝説

この記事は2分で読めます

husigi

水木しげると言えば、日本史を代表する漫画家だ。多くのヒット作品を飛ばし、特に有名なのが、ゲゲゲの鬼太郎。

そんな水木しげるの漫画を元にした…悪く言えば、パクったんじゃないか?と噂されている漫画があることをご存知だろうか?

その漫画というのが、大ヒットを飛ばし、実写ドラマ化、映画化もされたデスノートだ。

スポンサードリンク

デスノートが世に出たのが、2003年のこと。

この年から、週刊少年ジャンプで連載が始まり、その連載は2006年まで続いた。

少しだけデスノートのあらすじを紹介しよう。

死神のリュークが、人間世界にデスノートと呼ばれるノートを落とした。このノートは、名前を書き込まれた人間が、ノートに書き込まれた通りに死んでしまう。このノートを拾ったのが、夜神月(やがみらいと)。彼はこのノートを手にし、世界を新しい世界に変えるという野望を実行していく…。

ざっくり言えばこんな感じだが、この作品が当時センセーショナルであり、かつ作品のキモとなっている設定が、名前を書いた人間が死んでしまう「デスノート」の存在である。

しかしこのデスノート。

実は、水木しげるの過去の作品に、それに近い設定のものが存在したのだ。

その作品というのが、「不思議な手帖」という作品。

この作品は、1970年代に連載されていた作品で、キモとなっている設定がデスノートと全く同じなのだ。

「不思議な手帖」※ネタバレ有り

主人公である、サラリーマンでの山田は、ある日手帖を拾う。

この手帖に誰かの名前を書くと、その人間が死んでしまうということを知った山田は、その手帖に、いつも吠えてくる近所の犬の名前を書いてみることに。

すると、その犬が犬狩りにあってしまう。

この手帖の恐ろしさに気づいた山田は有頂天に。

しかし、その内容を同僚のねずみ女に話したところ、その不思議な手帖をこっそりとねずみ女が乱用してしまう。

そこで山田は、その手帖にねずみ女の名前を書き、ねずみ女を死なせてしまう。

罪の重さから山田は、その手帖に涙で自分の名前を書き、自分自身が死んだつもりになることで、罪を償おうとする。

そして、いつしかその手帖は捨てられ、焼却処分されることに。

すると、山田が涙で書いた自分の名前が、償却の際に浮かび上がり、結局、山田は死んでしまう。

と、ここまでが水木しげるの作品「不思議な手帖」の内容だ。

細かい内容はともかく、誰かの名前を書くことで、その人間が死んでしまうというキモとなる部分の設定が、デスノートに非常に酷似しているのが分かるはず。

パクりかどうかの論争はどうでも良いが、30年も前に、この設定を思いついた水木しげるの発想力には頭が下がる。

ちなみに、当たり前の話だが、この「名前を書くことで誰かが死ぬ」という設定は、あくまでも漫画の中の話。

そんなことが現実世界で起こるなんてことはあり得ない…と思うが、実は現実世界で、デスノートと同じく、名前が書かれた人間が死んでしまうという恐ろしい「掲示板」が存在したことを知っているだろうか?

その掲示板に名前を書かれたある人物が、実際に死んでしまったのだ。

その内容というのが…

⇒ 名前を書かかれた人間が死ぬ!?恐怖のデスノート掲示板

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 20041mg
  2. ライオン1
  3. 5cspa-girl42afd8f70b7cc
  4. リトル
  5. conan05
  6. 309a0095a26f3e9ff1cf29afdcc98bf4
  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2016年 6月3日

    ぱ。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る