的場浩司が語った”聞いてはいけない話”を聞くと!?|やりすぎコージー都市伝説

この記事は2分で読めます

やりすぎ3

やりすぎコージー都市伝説で的場浩司が語った都市伝説。

この世には、科学では証明できないことが数多くある。

今回紹介する都市伝説もその1つだと言えるだろう。

※注意※ここから先を読む場合は自己責任でお願いします

スポンサードリンク

今回紹介するのが、やりすぎコージー都市伝説で、的場浩司が語った「聞いてはいけない話」である。

この話を聞くと、恐ろしい出来事に見舞われるとのことなので、ある程度の覚悟を持って読み進めてもらいたい。

その話というのが「戦時中に起きた話」である。

戦時中に、ある兵隊がオレンジを1つ持って歩いていた。

そこへ妊婦がたまたま通りかかって、

「そのオレンジを分けて貰えないでしょうか?」と言ったそうだ。

当時は食料もまともにない時代だったが、基地に戻れば食料があるので、その兵隊は快く差し上げたのだ。

その1週間後に、またその兵隊が歩いていると、あの時の妊婦に出くわしたそうだ。

この1週間で戦争は激しさを増し、その兵隊はほとんど飲まず食わずだったため、今度は兵隊から、

「そのオレンジを返してもらえないだろうか?」と頼んだのだ。

しかし、その妊婦は、

「これは私が頂いた物ですから、差し上げることはできません」と申し出を断ったそうだ。

これに激怒した兵隊は、その妊婦を殺してしまったという。

これが的場浩司の語った”聞いてはいけない話”の内容である。

たったこれだけの、なんてことない話なのだが、これを聞いてしまうと、ある恐ろしい事が起きるという。

この話を聞くとノックが3回「コンコンコン」とくるのだ。

これは場所や状況に限らず訪れるという。

自宅であろうと、ホテルであろうと、1人で居ようと、沢山で居ようと、どのタイミングかは分からないが、必ずくるのだ。

そして、このノックを聞いた直後に「キャー!」や「ワー!」などの声を出すと、恐ろしい事が起きるという。

的場浩司はこの話を、とあるホテルで友人から聞いたらしいのだが、聞いた直後に窓から「コンコンコン」という音が聞こえたのだとか。

その時に、あろうことか、この話を教えてくれた友人が「うわっ!」と声を出してしまったらしい。

その直後に友人は、急に立ち上がり、窓の外をよじ登り始めたという。

身の毛もよだつ恐ろしい話だが、ノックがした場合の対処法があるので、ぜひ実践してもらいたい。

この話を聞いてノックがしたら、心の中で「テンシンキアクリョウキョ」と3回唱えると、何も起きないという。

実際に的場浩司は、ノックがした際にこのおまじない?を心の中で唱えたのだとか。

イカツイ見た目とは違い、意外と可愛いところがあるのだ。

万が一、この話を友人にする場合は、必ずこのおまじないもセットで教えてもらいたい。

そして、ノックがきた際には必ず実践するように。

あなたの身に何か起きても、私は責任を負うことができないので。

ちなみに、過去にもやりすぎコージー都市伝説では、この手の階段話が度々紹介されている。

中でも有名なのが「島田秀平」が語った話だろう。

こちらも十分に怖いので、読む場合は注意して頂きたい。

島田秀平が語った都市伝説「階段が13段のアパート」

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. baby in car A_glass
  2. f393fab3
  3. クレしん1
  4. photo_2
  5. 08a7a7636be28a3156ecd641a823e953e98567a81362099902
  6. 02 (1)
  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. Always a good job right here. Keep rolling on thghoru.

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る