「都市伝説」紅の豚は臆病な豚?魔女の宅急便との関連は?飛行機にはモデルが?

この記事は2分で読めます

img_0 (2)

ジブリ映画の中でも、
根強いファンが多い作品「紅の豚」

ジブリの中でも少し異色と言われている作品です。

そんな「紅の豚」にも、
ジブリ作品で語られるような都市伝説が複数あります。

スポンサードリンク

まずは、「紅の豚」の名前に関する都市伝説。

紅の豚の主人公の名前は、
ポルコ・ロッソですが、この名前は実は、
映画のタイトルそのままを意味しているそうです。

ロッソが赤で、ポルコが豚なのだとか。

そして、この作品の舞台はヨーロッパなのですが、
ヨーロッパで「この豚野郎!」という言葉は、
この臆病者!」ということを意味すると言われています。

主人公を豚にしたことから、
主人公の性格は、本来臆病者だということを、
意味しているのではないか?とも。

あくまでも個人的な印象ですが、
主人公のポルコ・ロッソを見ても、
特に臆病さを感じることはありません。

ただし、自分以外の人間に対しては、
非常に臆病というか、慎重です。

自分と深く関係を築こうとする人間を、
あえて遠ざけようとする性格も見え隠れします。

こういった性格を暗に示しているのが、
「豚」という設定だったのではないか、という訳です。

紅の豚には、他にも都市伝説があります。

それが、映画「魔女の宅急便」との関係性。

紅の豚と魔女の宅急便では、
似たようなキャラが登場すると言われています。

それが、老婆。

紅の豚には、フィオという老婆が出てきます。

そして、魔女の宅急便にも、
その見た目とかなり酷似している老婆が出てきます。

これらが、同一人物ではないか?
という都市伝説があるのです。

ただ、これに関しては、
ただの偶然という説と、宮崎駿監督の遊び心説、
の二つが有力とされていて、

特別、何か裏の意図がある訳ではないと言われています。

そしてもう一つ、紅の豚には都市伝説があり、
それが、主人公が乗っている飛行機のモデルについて。

都市伝説によると、
主人公、ポルコ・ロッソが乗っている飛行機には、
モデルがあるのだとか。

そのモデルというのが、
グアムにある会社が所有していた飛行機

しかし、この飛行機は既に処分されており、
確認するのは不可能なのだとか。

これに関しても、
どういった経緯で言われるようになったのかは謎ですが、
モデルとまでは行かないにしても、

現実世界の特定の飛行機をイメージして作られたとしても、
何も不思議なことはありません。

それにしても、
他のジブリ作品に比べると、
非常にふわふわした都市伝説が多いですね。

 

ジブリ作品の都市伝説一覧はこちら

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ディズニー1
  2. ピカ
  3. ジブリ4
  4. ディズニー6
  5. クレしん1
  6. かぜ
    • 匿名
    • 2016年 1月23日

    ポルコのサボイアS.21のモデルはイタリアのマッキM.33と言われています。幼い宮崎氏が雑誌でこのマッキを見かけ、その記憶を頼りに描いたのがサボイアになります。
    実際にサボイアS.21という機体は存在しますが、全く別の形をしております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る