アニメ寄生獣は多くの漫画家や文学者が絶賛する日本で最高の漫画!?|アニメ都市伝説

この記事は2分で読めます

kiseijyu

2014年の10月からアニメ化され放映されている寄生獣。

漫画のタッチがグロテスクであることから、アニメ化は難しいと言われた作品だったが、評判の高さからアニメ化に至った。

そんな寄生獣。

一般の人以上に、目の肥えた業界人からの評判がすこぶる良いらしいのだ。

スポンサードリンク

2014年にアニメ化された寄生獣。

元々は漫画が原作であり、1988年から1989年、そして、1990年から1995年の間に雑誌で連載されていた。

パッと見はただのグロ漫画のような漫画だが、実際には奥が深く、哲学的な要素も多分に含まれており、漫画のエンディングは見ものである。

そんな漫画「寄生獣」。

業界人や文学者からの評判がめちゃめちゃ高く、称賛の嵐なのだ。

まず、早稲田大学の教授で、文芸評論家でもある加藤典洋氏は、戦後漫画でベスト10に入るとコメント。

更には、学生にも、この漫画を勧めていると言い、人生の岐路に立った時に、是非読んで欲しいとまで言っている。

ある著名な心理学研究者は、日本が誇る作家、村上春樹の作品の名前と共に、自己救済の物語として、この漫画を高く評価している。

さらに、評論家であり、哲学者でもある鶴見俊輔氏は、人生二度目の衝撃が、漫画「寄生獣」を読んだ時だと言い、夕飯後に漫画を読み始め、気づくと、夜明けになっており、1日で全巻を読破したのだとか。

そして、漫画家である、福本氏(漫画カイジの作者)は、オススメ本ベスト3の一つとして、漫画「寄生獣」を挙げている。

と、色んな業界の人間、特にある意味で同じ畑の人間とも言える文学系の人間から、これだけの評価を受けている寄生獣。

更に、その評価は一般の読者の間でも高く、

「今現存する漫画の100倍は面白い」

「オススメされて読んだら、気づいたら日が変わってたwww」

と言った声まで聞こえてくる。

これだけの評価であれば、もっと販売部数が伸びても良さそうだが、そこには一つのネックがある。

この「寄生獣」という漫画。

一言で言えば、読み手を選んでしまうのだ。

その一つが、描写。

上でも書いたが、とにかくこの漫画。

描写がグロイのだ。

アニメの放送が深夜帯である理由も、描写がグロイせいで、子供向けではないからだと言われている。

そしてもう一つ。

話の内容が深く、受け取り手によって、様々なメッセージが考えられること。

いわゆる、週刊ジャンプなどの漫画は、「努力、友情、勝利」という三大原則があるように、伝わってくるメッセージが非常にシンプルだ。

しかし、この漫画「寄生獣」は、受け取り手の価値観などによって、大きくメッセージが変わると言われている。

裏を返せば、それだけ深みがある漫画とも言え、文学者からの評価が高いのも、そういったことが関係しているのだとか。

今後、映画化もされることが決まっている寄生獣。

今現在、最も”販売部数”が多い漫画はワンピースだが、もしかしたら、最も深い漫画は、寄生獣なのかもしれない。

ちなみに、一般的に知られているアニメで、深みがある代表格と言えば、エヴァンゲリオンだろう。

そのエヴァンゲリオンも、文学者などからの評価が高いと言われているのだが、実は、子供からも人気があるのだ。

あんなに哲学めいたアニメなのに、子供から人気??と思うかもしれないが、これにはある理由があると言われている。

その”ある”理由によって、無意識に子供の心を惹きつけているというのだ。

その理由と言うのがこちら…

小難しいエヴァンゲリオンが子供から人気がある驚愕の理由とは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 妖怪1
  2. 幽白
  3. ポケモン14
  4. 0a81029739
  5. ライオン1
  6. photo_2
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る