【閲覧注意・怖い】ディズニーランド「イッツ・ア・スモールワールド」のアトラクション内で自殺した従業員がいる!?|ディズニー都市伝説

スポンサーリンク

ディズニーランドに纏わる都市伝説。

世界的にも人気のあるアトラクションである「イッツ・ア・スモールワールド」

生前のウォル・トディズニーが提唱していた「子供の世界」「平和な世界」をテーマに設計されたと言われている。

しかしそんな「イッツ・ア・スモールワールド」には怖い都市伝説が存在する。

恐ろしい内容になっているので、注意して読み進めてもらいたい。

その恐ろしい都市伝説というのが「アトラクション内での自殺」である。

なんとイッツ・ア・スモールワールドのアトラクション内で、ディズニーランドの従業員が首をつって自殺したというのだ。

ディズニーランドは徹底した従業員への教育で有名である。

世界感を徹底的に追求し、末端の従業員にまで浸透させている。

そんな従業員が、わざわざアトラクション内で自殺する理由とは一体なんなのか?

どうやら噂では「ディズニーランドをクビになったから」だという。

その従業員が不祥事を起こし、それが理由で解雇されたが、逆恨みであえてアトラクション内で自殺したというのだ。

「クビになって首をつる」なんて冗談でも笑えない話である。

ちなみに、その従業員が自殺したとされる場所はアトラクション内の人形が置かれていない場所であったらしいが、少しでも早く忘れてもらおうとその場所に、新たに人形を配置したらしい。

その場所というのが「スイス人形の近く」とのこと。

幽霊などの目撃証言が出ていないのが、唯一の救いだろう。

しかし実は、ディズニーランドには「幽霊が出没するスポット」が存在する。

多くのゲストからの目撃証言があり、ディズニーランド側も困っているという。

こちらの都市伝説も非常に恐ろしいので、自己責任でお願いしたい。

ディズニーランドの○○に出没する幽霊とは!?

スポンサーリンク

面白いと思ったら友達に紹介をお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトの更新情報を受け取る