やりすぎコージー都市伝説2012秋、インパルス板倉「日常に潜むデジタル犯罪の恐怖」

この記事は1分で読めます

in_1306_impulse_photo2_l

やりすぎコージー都市伝説2012秋、インパルスの板倉が語った都市伝説「日常に潜むデジタル犯罪の恐怖」

近年、科学技術の発展と共に、デジタル機器の進化がめまぐるしい。

しかし、その進化の裏に、恐るべき罠が潜んでいるのだ。

スポンサードリンク

科学技術発展の裏側に潜む罠に関しての都市伝説は多数存在する。

例えば、携帯で撮った写真から位置情報を抜き取ったり、他にも、プライバシーに関しての問題があったりと。

そして、それらが、国の中枢にも影響を及ぼしているというのだ。

それが、警察庁。

2012年9月のヤフートピックで取り上げられていたのだが、情報の流出の恐れがあるとして、会議へのスマホ持ち込みを禁止にしたのだ。

この背景には、アメリカが開発したある技術が関係しているとのこと。

それが、テンペスト、と呼ばれるもの。

テンペストというのは、電磁波盗聴のことで、機器から発せられる、微弱な電波をキャッチして、情報を盗み出す技術である。

アメリカは、これを軍事利用するために開発したらしいのだが、この技術が実は日常生活にも影響を及ぼすのだとか。

具体的にこの技術で何が出来るのか、というと。

まず、あらゆる機器から発せられる電波をキャッチする。

そして、その電波を元に、電波を発している端末が閲覧や表示をしている情報を、別の端末に表示出来るというのだ。

それだけなら、我々一般人にとって、プライバシーの侵害でしかないと思われるかもしれないが(それでも十分問題だが・・)このテンペストがキャッチ出来る電波には、ATMなども入っているというのだ。

つまり、暗所番号などが丸見え。

更に、発せられた電波をキャッチしているので、一切痕跡が残らないらしい。

重要な情報を自由に閲覧することが出来る上、その事実を残すことがない。

なんとも恐ろしい技術だ。

今はまだ、政府や中枢機関、一部の人間の利用に限られるだろうが、こういった技術がもし一般に普及してしまったら。

考えただけでも恐ろしい。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. わらう
  2. nobita
  3. LINE1
  4. ito
  5. show_image_v2
  6. ポケモン14
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る