スポンサードリンク

過激派テロ組織「イスラム国」へ志願した日本人大学生のその後がやばい!?|やりすぎ都市伝説2014冬

この記事は2分で読めます

イスラム

やりすぎコージー都市伝説2014冬で軍事フリーライター(元傭兵)高部正樹が語った都市伝説。

昨年の10月に、イスラム国へ志願した日本人大学生が捕まった。

このニュースは、日本中で話題となり、人々に衝撃を与えた。

「まさか日本人がイスラム国への参加を計画するとは…」

しかもその彼はまだ、現役の大学生である。

そんな思想を持った日本人がいることにも驚きだが、それ以上にイスラム国というテロ組織が「身近」だという事実に恐怖を覚える。

そんな中、軍事フリーライターの高部正樹は警鐘を鳴らす。

スポンサードリンク

彼が言うには「軽い気持ちで志願するとその後の人生に激しく影響する」という。

実はこうした「テロ組織」への参加を表明した人は「政府の監視下」におかれるのだ。

本人は「自慢話になる」程度の軽い気持ちで参加しているのだろうが、そんな笑い話では収まらず、その後一生政府にマークされることになるという。

しかも、こういった「戦闘経験のない若者」は、イスラム国からしても「捨て駒」のようなもので、これといって重宝されることなく、さっさと前線へ送り込まれるのだとか。

結果的にどうなるかというと、ほぼ間違いなく戦死するのだという。

生存率はおよそ1%と言われており、生還することはまずない。

そもそも、戦闘経験のない日本人には「人を殺す」ということが、ほとんどできないという。

イスラム国では、戦闘のことを「ジハード(聖戦)」と呼び、現地の人にとってはこの言葉が力になるのだ。

「ジハード」と聞けば、死ぬことも恐れず戦い抜くことができ、人を殺すことにも違和感を感じなくなる。

しかし、日本人にはそういった思想がなく、戦闘に対して「ジハード(聖戦)」という感覚は持っていない。

この違いは殺し合いをする上では、非常に大きく影響する。

死ぬことに対する恐怖や人殺すことに対する恐怖に、銃を持ったことのない日本人が、立ち向かえることはまずありえない。

これは「ゲーム」ではないのだ。

万が一、生き抜いたとしても、その先に待っているのは「不自由な生活」である。

1度でもこういった戦闘に参加すると「テロリスト」として認定されてしまうため、海外にも行けなくなるのだ。

それどころか、監視対象になり、自由な行動を取れなくなる可能性もあるのだ。

今回話題となった、北海道大学の学生が、どういった理由でテロ組織へ志願したのかは分からない。

もしかしたら「銃を撃ってみたい」「自慢話の1つでも持ちたい」という気持ちだったのかもしれない。

しかし、こういった若者に共通しているのが「未来を考えている」ことだという。

半年1年、戦場へ出向いて帰国して、その後、就職したり結婚したりと、勝手に自由な未来を描いているのだ。

はっきり言って、そんな都合のいい未来が待っているはずがないのだ。

「どっちに転んでも、未来はない」のである。

まぁ、信じるか信じないかはあなた次第だが。

ちなみに、テロといえば、最も有名なのが「9.11」である。

ワールドトレードセンター(世界貿易センタービル)に、2機の飛行機が突っ込み、3000人以上の死者を出した、あの忌まわしい事件だ。

実は、あのテロ事件は、以前から予知されていたのではないか?という噂が多々ある。

それがこちら。

9・11を事前に伝えていた「秘密のサイン」とは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 20080524011730
  2. ORG_20110707000903
  3. ディズニー3
  4. ketueki
  5. exf14010511000000-p1
  6. 02 (1)
  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2015年 7月13日

    えっ?これだけ?

    • 匿名
    • 2015年 7月21日

    政府の監視下www妄想ひどすぎ
    俺は公然とイスラム国を支持しているがノーマークだぜ。

      • 匿名
      • 2016年 3月6日

      嘘つくなや(笑)

    • 匿名
    • 2016年 6月1日

    軽率な行動じゃなく、考えた末にそういう結論に至っており自身の破滅も厭わずテロリストになろうとした、という可能性もある

    • 匿名
    • 2016年 7月23日

    秋葉原の無差別殺傷事件を思うと、イスラム云々の前に新自由主義に対して報復したいという思想を持つ輩が出てくることも事実。ベルギー、バングラデシュ、イタリアに続きドイツまで若者に依るテロ事件が発生している昨今、貧富の拡大している日本でもそういった危険な思想が育まれても不思議ではないと思う。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る