江頭2:50の伝説のいい話は震災だけではない!?車椅子の少女との泣ける動画|感動都市伝説

この記事は2分で読めます

江頭

一部の人から絶大な支持を得る「江頭2:50」

芸風は明らかにイってる感満載だが、彼の人気の理由はそこではない。

彼が人気を集める理由、それは・・・人柄である。

彼はあの一風変わった芸風とは裏腹に、義理人情を誰よりも重んじる、すげー偉大な人物なのだ。

例えば、こんな有名な話がある。

東日本大震災が発生した日、彼は自らトラックを借りて、物資を被災地に届けにいったのだ。

義援金やライブといった江頭2:50という肩書きではなく、一人の人間として被災地復興に一役買ったのである。

そんな江頭2:50には、こんな感動の都市伝説が存在する。

スポンサードリンク

それは江頭がロケで、とある公園で撮影を行っていた時のこと。

そこには近くの病院から抜け出してきていた「車椅子の少女」がいた。

そして、江頭の芸を見てこう言い放った「なにそれ、つまんない」。

これを聞いていた江頭は激怒し「どこがつまんねーんだよ!」と怒ったという。

すると彼女は「だってつまんないんだもん」と返したのだとか。

いよいよ、キレた江頭は「だったら笑わしてやるまで毎日通ってやる!」と言った。

そして翌日から江頭は、本当に毎日車椅子の少女にギャグを見せに通ったのだ。

しかし、少女は一切笑わないどころか「つまんない」と暴言を吐くばかりである。

そんなある日、毎日来ていたその少女が珍しくこなかった。

その次の日も来なかった。

そして一週間が経ったある日、車椅子の少女がきた。

江頭はその日もいつものネタを見せた、すると少女は僅かではあるが笑ったのだ。

「明日も笑わせてやるから絶対こいよ!」と江頭が言うと、少女は「勝手にくれば」と言って、帰っていった。

そして翌日、少女は来なかった。

頭にきた江頭は、その子のいる病院に行き、少女を探した。

しかしその少女はいなかった。

看護婦の話によると、その少女は最近になって病状が悪化し、別の病院に移され昏睡状態なのだという。

そして、その看護婦は江頭に少女の日記を見せた。

そこには「大好きな芸人=江頭」と書かれていたのだ・・・。

 

この話はあくまで都市伝説である。

しかし、仮にこの話が嘘だとしても江頭ならやりかねない、と思わされてしまうところに、彼の人間性がよく現れていると私は思う。

ちなみに、この話の詳細はこちらの動画で確認できるので、ハンカチを手にどうぞ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ジブリ4
  2. 431-2
  3. ディズニー15
  4. STAP
  5. chiba_tdl
  6. ジャス
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る