スポンサードリンク

「都市伝説」ドラえもん、のび太の「行かなきゃ」の声は藤子・F・不二雄だった?

この記事は2分で読めます

main_pic

日本史に残る偉大な漫画家である、藤子F不二雄先生。

その藤子先生の代表作と言えば、
間違いなくドラえもんだと思います。

そのドラえもんと藤子先生に関して、
不思議な都市伝説が存在しています。

スポンサードリンク

藤子F不二雄先生が亡くなったのは、1996年、9月23日のこと。

もう20年近く前のことです。

その藤子先生の作品が未だに、
日本や世界中で愛されているというのが、
如何に素晴らしい漫画家であったかが良く分かりますよね。

その、藤子先生が亡くなったまさにその日に起こった、
ある不思議な出来事が、都市伝説として語り継がれているのです。

その内容というのがこちら。

藤子先生が亡くなった日の深夜のこと。

なぜか、放送予定であった訳でもないドラえもんが急に始まった。

しかもその内容も一風変わっていて、
真っ暗な画面に、ただのび太が歩いている後姿の映像が流されていただけ。

そして、10分近くその映像が流れた後、
のび太が振り返って、「行かなきゃ」(※行かなくちゃという説もある)と言って、
そこで放送が終わった。

そして、その翌朝に、全国に藤子先生の訃報が流された。

という内容。

一見、ただの都市伝説のようですが、
実際に、見たという人がかなりの数いたことから、
広く語り継がれることになったそうです。

しかも、最後の「行かなきゃ」という声が、
藤子F不二雄先生の声だったとか。

更に、これに関連して、こんな別の説も。

それがこちら。

スケッチブックを持って歩くのび太。

そののび太をドラえもんが追いかけて来て、
「もう、行ってしまうんだね」と声をかけた。

するとのび太は振り返り「うん、もう行かなきゃ」と言った。

そこでのび太の絵が藤子F不二雄先生の絵に変わり、
ドラえもんが「ありがとう」と言った。

そして藤子先生も「こちらこそ」と言い、お互い笑顔になった。

そこで放送が終わる。

という内容。

これに関しても、見たという視聴者が多かったこともあり、
一体どちらの説が本当なのか、未だに議論されているそうです。

一部のファンの間では、
藤子F不二雄先生の思いがテレビに反映した、
といったオカルト的な見解もありますが、
その真相は未だに謎のままです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. dsc02015
  2. ドラクレ
  3. sekai
  4. HERO2
  5. 4_1
  6. ヒグマ
    • オッド氏
    • 2015年 3月8日

    もう片方のドラえもんが加わってる方はなんか感動するなぁ・・・

    • DIO
    • 2015年 3月24日

    なんか切ないなぁ・・・

    • これは
    • 2015年 4月5日

    これはデマです

    • 見ましたこれ。
    • 2015年 6月3日

    確実に前者です。
    のび太の声が先生の声ではなかったような。

    画面中心にのび太がこちらに背を向けながら歩いているシーン。画面奥にスクロールする感じでうつむいて歩いてました。確か夕焼けだったはずです。

    《行かなきゃ》は確実に言っていました。
    時刻は2時過ぎか3時過ぎ。自分が中2の時です。

    周りにも見たという人がいなくてショックでしたよ。

    • 匿名
    • 2015年 10月21日

    亡くなる直前じゃなくて亡くなった後の追悼放送がSP枠であったんだよ。

    その時にドラの声で「行かなきゃ」っていうアニメーションがあったの。

    藤子Fの肉声はその時のドキュメンタリーで流れていたのでそことミックスされてるな。

    • 匿名
    • 2015年 11月23日

    2種類ある時点でな…本当ならそんな2パターンで割れる事はないw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る