ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

この記事は2分で読めます

chiba_tdl

東日本大震災。

日本人なら一生忘れることの出来ない、歴史的大災害である。

そんな日本中が悲しみに暮れた日。

多数の称賛と共に、感動の声が上がった出来事があった。

それが、大震災発生当時の東京ディズニーランドのキャスト達の対応。

それが世間に称賛されるきっかけは、あるfacebookの投稿だった。

スポンサードリンク

2011年3月11日、日本を襲った未曾有の大災害、東日本大震災。

その波は、千葉県にある東京ディズニーランドにまで及んだ。

その時、ディズニランド内には7万人とも言われる人が入園していた。

そんな時、大震災が起きた。

そして、その際のディズニーランドの対応は、ここで私が説明するよりも、実際にFacebookに投稿された内容を見てもらった方が早いと思うので、以下、Facebookからの引用を見て欲しいと思う。

1x1.trans ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

1x1.trans ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

1x1.trans ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

1x1.trans ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

1x1.trans ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

1x1.trans ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

1x1.trans ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

1x1.trans ディズニーに関するfacebook投稿に感動の声、東日本大震災の日に何が…|都市伝説

引用:Facebookより

実にディズニーらしい対応だ。

実際、上で書かれたように、ディズニーのキャストは、それぞれが考えて行動するように教育されており、自主性を重視されている。

例えば、過去にはこんなエピソードもあった。

とある女性が園内で指輪を落としてしまった。

そこで、キャストに聞いてみた。

しかし、落し物として届いていなかったのだ。

そこでキャストは、

「お客様が滞在している間に、こちらで探しておきますので、お帰りの際に、もう一度お立ち寄りください」

と、その女性に伝えた。

そこで、女性は、帰り際にもう一度立ち寄った。

すると…

「こちらですか?」

と、小箱を差し出された。

当然、小箱には見覚えもない女性。

しかし、その中を開けてみると、確かに自分の指輪だったのだ。

そう、これはあくまでも、キャストが自主的に行った、ある種の「演出」なのだ。

当然、こんなことがマニュアル化出来る訳もなく、彼らはそうすべきだと考え、自主的にやっている。

こんな例は、他にもたくさんある。

ディズニーが流行り、愛される理由は、こういう所にあるのだと思う。

更に、ディズニーのキャストの気配りが生んだ、感動的なエピソードがある。

その対応を受けた人はきっと、そのエピソードを自分の周りの人に話、そして、多くの人にディズニーの素晴らしさを伝えただろう。

他でもない私自身、こうして記事にしている(笑)

そのエピソードというのがこちら…

ディズニーのキャストが起こした感動秘話とは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 99093
  2. ふなさか
  3. gufi
  4. 096
  5. photo_2
  6. dsc02015
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー