ディズニーランドのカストーディアル(清掃員)のパフォーマンスがやばい!?|ディズニー都市伝説

この記事は2分で読めます

キャスト1

「ディズニーランドには塵一つ落ちていない」というのは有名な話だ。

もちろんこれは都市伝説で、実際には塵どころかゴミもそこそこ落ちている。

しかし、他のテーマパークに比べれば段違いに綺麗なのは間違いない。

何度も言っているが、ディズニーは末端の従業員にまで「教育」を徹底している。

それは「清掃員」とて例外ではない。

今回はそんな「清掃員」に纏わる都市伝説を紹介。

スポンサードリンク

ここでは便宜上「清掃員」と呼んでいるが、ディズニーでは清掃員のことを「カストーディアル」と呼ぶ。

清掃員と聞くと、どうしても陳腐なイメージが植え付けてしまうため、あえてこういった呼び方をしているのだ。

彼らの主な仕事は「掃除」なわけだが、他のテーマパークと違い「パフォーマンス」も求められるという。

清掃員のパフォーマンス?と首をかしげてしまいそうになるが、彼らを単なる掃除係と見くびらない方がいい。

ディズニーにとっては「掃除」すらも世界感の一部なのだ。

まず注目すべきは「衣装」だろう。

全身を白で統一し、いかにもクリーンなイメージを連想させ、上にはブルーのジャケットを羽織って爽快感を表現している。

シミなんて付こうものなら、すぐさま衣装チェンジだ。

例え清掃員であっても、常に清潔にしておかなければならない。

そしてなにより凄いのが、先ほど述べた「パフォーマンス」である。

実はディズニーは清掃員一人一人に「ゲストを楽しませる」ことを義務付けているのだ。

しかもマニュアルとかがあるわけではなく、全てアドリブだという。

そんな清掃員たちが魅せた驚きの技とテクニックがこちら。

1x1.trans ディズニーランドのカストーディアル(清掃員)のパフォーマンスがやばい!?|ディズニー都市伝説

1x1.trans ディズニーランドのカストーディアル(清掃員)のパフォーマンスがやばい!?|ディズニー都市伝説

清掃員と呼ぶのもおこがましい程のパフォーマンスだ。

いちパフォーマーであるという自覚が、末端の従業員にまで行き渡っているディズニーならではの光景である。

彼ら彼女らは、自分のできる範囲の努力は惜しまない。

お客様を笑顔にするためなら、清掃員ですら「演者」になるのだ。

もちろん、清掃員としての役割も決して怠ることはしない。

そんな彼らに、一人のゲストがこう訪ねたという。

「何を拾っているんですか?」

その返答がこちら。

「夢を拾っているんです♪」

全くもって意味は分からないが、ディズニーのキャストである以上「ゴミ」などと口にはしないという「意識の高さ」が伺える。

代わりに答えるが、彼らが拾っているのは「ゴミ」だ。

しかし、そんなゴミですらディズニーランドにとっては「夢のピース」なのである。

カッコ良く決まったわけだが、実はディズニーランドにはゴミもびっくりな「ゴミ人間」が訪れたという都市伝説が存在する。

それがこちら。

ディズニーランドには指名手配犯が潜伏していた!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ポケモン2
  2. 20100726113103_original
  3. ヒグマ
  4. アンパンマン
  5. b8cf5104
  6. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る