ディズニー黒歴史!?ディズニーランドには逃亡中の「市橋達也」が潜伏していた!?|ディズニー都市伝説

この記事は2分で読めます

ディズニー16

1日平均「3万人」が利用すると言われているディズニーランド。

国内において、これだけの利用者数を誇るのはディズニーランドをおいて他にはない。

しかし、夢の国であるはずのディズニーランドに「ある凶悪犯」が潜伏していたのだ。

今回は、そんなディズニーランドの黒歴史とも言える「招かれざる客」についての都市伝説である。

スポンサードリンク

そのある凶悪犯というのが「市橋達也」である。

まだまだ記憶に新しいが、市橋達也は「元指名手配犯」だ。

※市橋達也の事件概要はこちら⇒凶悪犯「市橋達也」の凶行

逃亡中の市橋達也は、一時期ディズニーランドに潜伏しており、警察によるディズニーランド園内の大捜索が行われていたというのだ。

実は、市橋達也は卒論で「ディズニーランドの植栽」をテーマにしており、それを発見した警察が、捜査に踏み切ったのだ。

その時はたまたま市橋達也はディズニーランドには潜伏しておらず、結局無駄足になったのだが、警察官のローラー作戦には頭が下がる。

どんな些細な情報でも逃さず、可能性のある土地は徹底的にくまなく捜査する、現在の日本警察の努力が伺える話である。

こういった努力が現在の日本の検挙率を維持している要因だろう。

しかも、実際に市橋達也はディズニーランドに潜伏した時期もあったのだから(2008年頃)、全くの無駄ではなかったのだ。

そんな逃亡中の身である市橋達也は、一体ディズニーランドで何をしていたのか?

どうやら警察の網の目を掻い潜るうちに、気付いたらディズニーランドのそばまで来ていたのだという。

そして、ディズニーランドの脇にある「運動公園」の芝生で休み、時折空腹を満たすためにその芝生を食べたりしていたとか。

そんな市橋達也は、ディズニーランドについてこう語っている。

「1日ディズニーランドで過ごしたが、楽しくなかった」と。

そりょそうだ、逃亡中の身で、心から楽しめる方がどうかしてる。

冒頭でも書いたが、こういった「招かれざる客」は、ディズニーランドには訪れて欲しくない。

夢や感動を与えてくれる魔法の国がディズニーランドであり、そのイメージはキャストやファンにとって、何より大切なことなのだ。

ディズニーランドは過去に何度も、私たちファンに対し、感動を届けてくれた。

日本最大の未曾有の大災害「東日本大震災の日の話」しかり「絶望の淵に立たされた夫婦を救った話」しかり、こういった素敵な物語こそが、ディズニーランドの本来のあるべき姿なのである。

あなたにもぜひ、ディズニーランド本来の感動話に触れて欲しい。

東日本大震災の日にディズニーランドで起きた奇跡の物語

絶望の淵に立たされた夫婦を救ったディズニーのおもてなし精神

私は上記2つの話で、思わず涙を流してしまった。

閲覧する場合は、ハンカチを用意しておくことをオススメする。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. kagi
  2. 9de45480795ce3260b11a70e494efbca
  3. 高倉健
  4. ポケモン14
  5. d2c94754b0_4cacddbf
  6. ディズニー1
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る