面白いが怖い!!やられた敵も仰天した「チャージマン研」主人公の恐るべき策とは!?|アニメ都市伝説

この記事は2分で読めます

676590

奇天烈な展開を繰り広げることで有名なアニメ「チャージマン研」

視聴者も全く想像出来ない展開で、色んな意味で話題になったアニメだ。

そのアニメの中でも、最もぶっ飛んだ展開として話題を呼んだ回があるのだが、その時の主人公の行動が物議を醸した。

スポンサードリンク

アニメ「チャージマン研」は、見た感じは、ガッチャマンと非常に似ているタッチである。

その内容は、パッと聞いただけでは、如何にも普通のヒーロー物のような感じで、1970年代にTBSで放送されていたアニメなので、作品自体は非常に古い。

しかし、その表向きの内容とは打って変わり、非常に風変わりな作品になっている。

特にヤバかったのが、とある回での主人公の行動。

その回の内容はこうだ。

ある日、科学者が宇宙人に捕まってしまう。

そして、頭の中に、爆弾が埋め込まれる。

宇宙人の狙いは、世界中の科学者が集まる場で、その爆弾を作動させることであった。

しかし、その狙いを知った主人公は、自ら飛行船を操縦し、科学者を助け出す。

ここまでは、至って普通のヒーロー物と言った感じ。

しかし、問題はここからだ。

科学者奪還に成功した主人公であったが、その後、宇宙人に見つかり、追手がやって来る。

そして、その追手に追いつかれ、主人公は、絶体絶命のピンチ。

その極限の状態で主人公が驚愕の行動に出る。

…なんと、頭に爆弾を詰め込まれた科学者を外に放り出し、敵の戦艦にぶち当てて爆発させたのだ。

しかも、この行動。

科学者が志願した訳ではなく、主人公の独断で、勝手に科学者を外に放り出したのだ。

助けに行った科学者を放り出すとは何事か、と思うが、被害を最小に留めるという意味では、非常に合理的…なのか。

子供に夢を与えるヒーロー物としては最低最悪だが、リスクとリターンを瞬時に判断出来る主人公は、リーダー向きな性格とも言える。

ちなみに、ヒーロー物で、ぶっ飛んだ作品と言えば。

有名なもので、「ラッキーマン」という漫画がある。

この漫画も中々に意味不明で、実力も何もない主人公が、ただラッキーだけで敵を倒すという、ハチャメチャな作品。

そして、それ以上にハチャメチャなのが、そのラッキーマンを描いた作者に語られている都市伝説だ。

ラッキーマンを見たことがあるなら分かると思うが、この作品…とにかく絵がヘタクソなのだ(笑)

そして、そのせいで、作者は、不遇の時代を長く過ごすことになる。

…が、ある時、ビックリ仰天な方法で、この作者は、歴史的大ヒット漫画を世に出すのだ。

その漫画というのが…

空前の大ヒットとなったあの漫画の作者は「ラッキーマン」の作者だった!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. main_pic
  2. kaitou-kid
  3. E38390E382A4E382ADE383B3E59F8E-79840
  4. …ŒË‰©–å‘æ‚S‚O•”
  5. 096
  6. mario
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る