イエスの誕生日!?汚染されたクリスマス!?|クリスマス都市伝説

この記事は2分で読めます

christmas

今や日本でも当たり前のイベントとして定着したクリスマス。

しかし、本来の意味でのクリスマスを知っている人は意外と少ない。

そんなクリスマスにまつわる都市伝説を紹介。

スポンサードリンク

クリスマスはイエスの誕生日ではない!?

日本において広く知られる説として有名なのが、クリスマス=イエスの誕生した日というもの。

しかし、実際にはイエスの誕生した日ではない。

そもそも、イエスが誕生した日というのは、様々な通説があり、世界的に特定の日が決められているわけではないのだ。

では、なぜクリスマス=イエス誕生の日という嘘が広まったのか。

それは、クリスマスの本来の意味に由来する。

既にご存知の通り、クリスマスはキリスト教の行事であり、その本来の意味は、イエス・キリスト(=ミサ)の降誕を祝う日である。

しかし、あくまでも降誕を祝う日であって、決して、降誕した日=誕生した日ではないのだ。

恐らく、この降誕を祝うという日の意味を、12月25日=イエス・キリストの誕生した日、と多くの人が解釈してしまったのが原因で、クリスマス=イエス誕生の日という噂が広まったと言われている。

汚されたクリスマス

上で、本来のクリスマスの位置づけを紹介したが、それとは別に、こんな疑問を持ったことはないだろうか?

なぜ、キリスト教徒が少数派の日本で、こんなにもクリスマスが一般に広く認知されているのだろうか?

ましてや、元々、イエスの降誕を祝う日である。

そのクリスマスがなぜ、日本で一大イベントとして広まったのか?と。

それにはこんな都市伝説的がある。

元々、日本では行事として認識されていなかったクリスマス。

しかし、1927年に国民の休日に関する法律が改正され、その際、12月25日が休日となった。

ただし、この12月25日の休日はクリスマスだから休日になったわけではなく、あくまでも大正天皇祭という名目での休日だった。

それに加え、当時の日本は、積極的に西欧文化を取り入れ始めていた。

それが相まって、日本で、12月25日=クリスマスという認識が広く普及したと言われている。

更にこのクリスマスが広く普及した原因として語られているのが…企業による仕掛けである。

企業というのは、一般の消費者にお金を使ってもらうことに心血を注いでいる。

如何に消費者の財布のひもを緩めるかを考えているのだ。

そこで、このクリスマスという世界的に有名な行事に目を付けた。

クリスマスの日には、特別なメニューを用意したり、年に一度の催し物を開催したりなどして、消費者に積極的にお金を使ってもらおうと考えたのだ。

そして、今では、当たり前のようにクリスマスが認知され、親はこぞって子供たちにクリスマスプレゼントと称し、おもちゃなどを買い与えるようになったのだ。

しかし。

この商業的な意味でのクリスマスが過熱した結果、今では、クリスマスが始まる1週間前、1か月前から、イルミネーションが施されたりと、もはや本来の意味でのクリスマスなどどこ吹く風、ただのイベントになってしまっている。

そしてこれは、日本だけの話ではなく、世界的にも似たような現象が起きている。

その現状を表す、こんなエピソードがある。

キリスト教の最高司祭であるローマ教皇。

そのローマ教皇が2005年に異例とも言えるこんな声明を出した。

現代の消費社会の中で、この時期が商業主義にいわば「汚染」されているのは、残念なこと。……
……降誕祭の精神は、「精神の集中」と「落ち着き」と「喜び」であり、この喜びとは、内面的なもので、外面的なものではない。

イエス様も、天国で涙を流しているのではないだろうか。

クリスマスに起きた奇跡

今では商業的に利用され、一部では問題になっているクリスマスだが、実は過去に、その精神に準ずる、正に奇跡とも言える出来事があったことをご存知だろうか。

その出来事が起こったのが、1914年。

この年、我々の祖先は、世界全体を巻き込んで殺し合いをしていた。

第一次世界大戦である。

この戦争で亡くなった人の数は1000万人を超え、もはや世界に平和が訪れることはないと、誰もが思ったことだろう。

その人類史上最悪の戦争の最中、奇跡が起こった。

戦地の最前線で、銃を手に殺し合いをしていた兵士たちが、突然銃を置き、歌い出したのだ。

その日は…12月25日。

一体、何が起こったのか、続きはこちらから…

⇒ 1000万人の死者を出した戦争で唯一銃声が止んだ日

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. nobel
  2. 妖怪
  3. f393fab3
  4. 20110613_nikita_24
  5. poke
  6. 096
  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2016年 3月28日

    イエスが生まれた時期は実際は春だと言われています。
    しかし、ある、12月25日に大量殺人があったと言われています。それを思い出させないために何かおめでたい日にしよう!ということで、この日がイエスの誕生日だとされ、祝うようになったと言われている。
    と教会の先生方に聞きました。因みに
    イスラエルの方では
    誕生祭も復活祭も時期は違います

    • AmySTruer words have never been spoken. I pataiculrrly liked #4, as the memory of trying to make a PB&J with a single hand and watching it just slide across the counter is still fresh 5+ years later.

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー