赤塚不二夫の描いた漫画キャスター過激過ぎる表現でたった2話でお蔵入り!?|都市伝説

この記事は1分で読めます

5cspa-girl42afd8f70b7cc

赤塚不二夫先生の代名詞と言えば、ギャグ漫画である。

一風変わった笑いで、日本中を笑顔にし、日本のギャグ漫画の礎を築いたと言っても良い人物である。

そんな赤塚先生だが、過去にキャスターという漫画を描いたことがある。

だが、この漫画。

たった2話でお蔵入りとなってしまった、問題作なのだ。

スポンサードリンク

問題作となった漫画「キャスター」は、雑誌、ポップコーンで連載されていた。

話のあらすじとしては、ニュースキャスターが、色々な場所に出向き、突撃レポ-トをするという、ギャグ漫画である。

そして、問題となったのが、創刊して2話目のこと。

このニュースキャスターがレポートに訪れたのが、なんと、人肉を出す料理店。

まず、調理場に入ると、そこには、死体が大量に吊るされている。

そして、その死体を料理人の男が、チェーンソーで切り刻んでいるという、なんともグロテスクな内容。

更には、リポーターの人間も、「お尻の肉をよこせ!」と追い回される始末。

そして、出てくる料理もヤバイ。

人肉サシ、へその緒ヌードル、脳みそどんぶり、胎児ピザ、赤子の丸焼き。

完全にアウトなメニューばかりである。

この、どう考えてもアウトな内容は、当然読者から、クレームの嵐であった。

そして、回収騒ぎとなったのだが、この一連の騒動に関して、赤塚先生は、

「責任は全て、僕が取る」

といった発言を、なんと、発売前に編集部に対してしていたのだとか。

ということは、発売前から問題になることは想定していたということだ。

一体、どういった意図でこの作品を世に出したのか。

もしかしたら、一度、書いてみたいと思った内容を、批判を承知で世に出してみたかったのだろうか。

真意は不明だ。

ちなみに、赤塚先生には、その他にも多くの都市伝説的な話がある。

特に伝説として語られているのが、2億円の横領被害にあった時の話。

なんと、犯人の男を、告訴することなく許してしまったというのだ。

そして、本当に告訴しなくて良いのか、と尋ねられた際には、あの有名なフレーズを言ったとか言っていないとか。

詳細についてはこちら。

赤塚先生の衝撃的過ぎる都市伝説の数々とは!?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 001
  2. ryouma002
  3. hbigdhjibpdfjbnpdgjnfdprn
  4. ジョンゲイシー
  5. photo185_01
  6. 宮崎
  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. I’m not wohrty to be in the same forum. ROTFL

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カテゴリー