仁川アジア大会の裏側で起きた韓国による日本代表への驚愕の嫌がらせの数々とは?

この記事は3分で読めます

1d49e430-s

アジア大会で、多数のメダルを取っている日本。

その活躍は目覚ましいものがある。

しかし、その裏側で、ある問題を抱えているというのだ。

それが、ホスト国、韓国による、嫌がらせの数々だ。

その嫌がらせは、サッカー、バレー、卓球、バドミントンと、複数の競技に及んだ。

それら嫌がらせの数々を詳細に紹介する。

スポンサードリンク

最初にアジア大会で嫌がらせを受けたと報道があったのが、サッカーU21代表。

その嫌がらせは、曲がりなりにも先進国である国の行いとは思えないほど、幼稚で呆れ返っててしまうようなものだった。

まず、日本代表にあてがわれた練習場の設備。

なんと、練習後に汗を流すシャワールームが用意されていなかったのだ。

今時、下部組織のチームでも、シャワールームぐらいはある。

その程度の設備が、4年に一度の大会であるアジア大会で、用意されていなかった。

これについて、代表を率いる監督は、こんな発言で皮肉っていた。

「練習後にシャワーを浴びられないなんて、高校時代のようだ」

そして、それ以上に酷い嫌がらせが、用意された彼らの宿舎だ。

サッカー代表に用意された部屋は22階だったのだが、なんとエレベーターが故障していたのだ。

たまたまでは、という声もあるが、このマンション。

アジア大会終了後には、一般に売り出されることが決まっている新築のマンションだ。

そんなマンションのエレベーターがそうそう壊れるだろうか。

だとしたら、相当な欠陥住宅だ。

しかも、これだけで終わらない。

なんと、部屋には、エアコンがなく、更には、風呂場の排水に不備があるとかで、洗面台で頭を洗う選手もいたというのだ。

ここまで来ると、嫌がらせの域を超えている。

そして、これと同じようなことが、バレー男子日本代表にもあったと言われており、代表の越川選手は、部屋にエアコンがなく扇風機で凌いでいると言っていた。

確かに、こういったことが過去になかった訳ではない。

実際に、アウェーの洗礼などといった言葉があることは確かだ。

だが、それは、後進国、とりわけ中東などである話であり、今時の先進国ではこんなことは普通起こらない。

そして、それは他のスポーツでも。

世界でも強豪国として知られる卓球日本代表。

そして、その卓球で、長く日本をけん引する選手である福原愛選手。

彼女に対しても、嫌がらせと思えるようなことが起きたのだ。

それは、女子団体準決勝前のこと。

福原愛選手が、練習をしようと、会場に入った所、そこには一台の卓球台が用意されていた。

しかし、その用意されていた卓球台というのが、あまりにも酷いのだ。

台は大きく傾き、卓球の球を置くと、その傾斜につられ、コロコロと転がっていくほど。

更には、卓球台の上に設置されたネット。

このネットの高さが明らかにおかしく、本来の卓球の高さよりも、大分高く設定されていたのだ。

これに福原愛選手はビックリしたが、運営側に言って、卓球台を調整しなおす一幕があった。

ちなみに、この時、準決勝であたる国は、韓国ではない。

韓国は既に敗退が決まっていて、その後に、日本と対戦する予定もなかったのだ。

こうなってくると、単純に日本に対して嫌がらせをしたいとしか思えない。

もし、そうではなく、実際に偶然だとするなら、一体運営側は何を考えているのだろうか。

そして、この嫌がらせはとどまることを知らずに、バドミントンの試合では、とうとう試合結果に直接影響を与えるようなことまで起きた。

それは日本対韓国の男子バドミントン団体戦の時のこと。

日本のエースである、田児選手が第一試合に登場。

世界でもトップクラスの選手である田児選手は、順当に第一ゲームを21-12で取った。

しかし、第二セットから不可解なことが起きたのだ。

元々無風であったと言われているコート上で、なんと急に風が吹き出したのだ。

バドミントンは風に非常に影響を受けるスポーツである。

ちょっとした風にも選手は敏感になると言われているほどで、特に不利なのが、向かい風。

そんな向かい風が、突然第二セットに吹き出したのだ。

その影響もあってか、第二セットを落としてしまう田児選手。

そして、コートチェンジをし、第三セットが始まるが、ここでも更に不思議なことが。

なんと、コートチェンジをしたにも関わらず、第三セットになっても向かい風のままなのだ。

そして、そのまま第三セットを落として、田児選手は負けてしまう。

結果、男子バドミントン日本代表は、準々決勝で韓国に敗退してしまったのだ。

これについて田児選手は、

「どう考えてもおかしい。こんなこと他国では絶対に起きない」

と、怒りを露わにした。

そして、このことについて日本選手団が運営側に抗議をしたところ、韓国運営側から返ってきた言葉が、

「節電のために頻繁に、エアコンを付けたり消したりしていた」

という、全く意味の分からない回答をしたのだ。

普通に考えて、電力が一番掛かるのは、電源のオンオフの際であり、付けたり消したりする方が遥かに電気を食いそうなものなのだが。

しかし、そんなアジア大会はまだ終わっていない。

今後、嫌がらせのようなことが起こらないのを願うばかりだ。

それにしても、アジア大会は色々と問題が多い。

選手村から選手たちが姿をくらましたりなんて報道まであった。

しかも、この事件の裏には、ある都市伝説が囁かれている。

それがこちら、

行方をくらます選手たち、彼らが向かう先はなんと・・・

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 勝谷
  2. img_20120722-234512
  3. thismanman
  4. 44Gc6d738djus
  5. maxresdefault
  6. 31289b63-s
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る