アジや海藻には多量のヒ素が蓄積されているが、食べて大丈夫?

この記事は1分で読めます

20120215102709

当サイト読者、「なおさん」から投稿して頂いた都市伝説。

「アジや海藻には多量のヒ素が含まれている?」

アジと言えば、一般的に食べられる魚だが、そのアジに、実は”ヒ素”が含まれていることを知っているだろうか。

更に、アジだけではなく、海藻などにも含まれているというのだ。

スポンサードリンク

そもそも、海水にはヒ素の成分が含まれている。

しかし、1トン当たり0.003グラムと、非常に微量であるため、海水を飲んでしまったからと言って、ヒ素中毒で死ぬと言うこはない。

だが、海中で暮らしている魚や海藻には、もっと多くのヒ素が含まれているのだ。

なぜなら、ヒ素は体内に蓄積するからである。

海の生物を捕食し続けた結果、アジには、海水の約1万倍とも言われるヒ素を含んでいるのだとか。

魚類のみならず、海藻類にもヒ素は蓄積されており、昆布に至っては、海水の約5万倍のヒ素を含んでいると言われている。

ヒ素というのは、体にとって恐ろしく有害な化合物であり、成人の致死量は、約0.2gとされている。

となると、アジや昆布を食べても我々の体は大丈夫なのだろうか。

結論から言ってしまえば、問題ないとのこと。

というのも、アジや昆布に含まれるヒ素というのは、過去に凶悪犯罪で使われたような”ヒ素”とは厳密に違うものなのだ。

毒性が低く、体に取り入れても、消化されることなく、排泄物と一緒い、体外に放出される。

なので、安心して、アジや昆布を食べて大丈夫である。

なおさん、ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 飲料
  2. img243_file
  3. saran
  4. 20130117095357_50f74ba53f3d0
  5. 62_3
  6. アルバイト
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

00_599557_90159834
サイトにお越しいただきありがとうございます。このサイトでは、私が大好きな都市伝説を大量に紹介して行きます。もし、楽しめて頂けたら、下のSNSボタンを押してシェアして頂けたらと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る