ディズニーシーのトイレには”あるモノ”が見える覗き穴が存在する!?|ディズニー都市伝説

海をテーマに設計されたと言われている「ディズニーシー」

国内ではディズニーランドに次ぐ人気のあるテーマパークで、休日はもちろん平日も混雑が予想される。

そんなディズニーシーには、とある面白い都市伝説があるという。

スポンサードリンク

それが「覗き穴」だ。

その覗き穴は、とある場所に設置されている「トイレ」にあるという。

「トイレに覗き穴」これだけ見ると、どうしてもスケベな連想をしてしまいそうだが、そういった類の話ではない。

では何が見えるのか?というと「ディズニーの現実」だという。

当サイトでも”耳にタコ”ができるほど何度も言っているが、ディズニーは世界感を何よりも大切にする。

そんなディズニーが最も見せたくないのが「裏側」だという。

ディズニーランドやディズニーシーは、常にゲストで賑わっており、キャストが大忙しなのは容易に想像できるだろう。

しかし、そんな姿を絶対に見せるわけにはいかないのだ。

ディズニーランドやディズニーシーには、キャストしか入ることのできない、いわゆる「従業員専用通路」が存在する。

外部からは一切遮断されており、入ることはおろか見ることすらできない。

そんな「リアルな空間」を、唯一見ることができるのが、今回紹介する「覗き穴」なのだとか。

どうやら噂によると、その覗き穴は「ポートディスカバリー」の前のトイレにあるという。

正確に言うとトイレではなく、その横にある「大きな木の扉」にあるらしい。

その扉は絶対に開けることはできないのだが、下の方に10cm程度の隙間があるとのこと。

その10cm程度の隙間から「ディズニーの裏側」が見えるという。

実際に見ようとすると、とんでもなく変な体勢になるので、普通の神経ではできない行為だが、もしディズニーの裏側に興味がある場合は、果敢にチャレンジしてみるのもいいだろう。

ちなみに、ディズニーシーには他にもこんな都市伝説が存在する。

それが「ミッキー水没事件」である。

なんとも穏やかではない話だが、その衝撃的な瞬間を撮影した動画がネット上にアップされているのだ。

それがこちら。

ディズニーシーで発生した「ミッキー水没事件」とは!?

シェアする

フォローする